Haas

/ News

  • ブラジルGP - ハースF1 - 決勝

ハースF1、2台とも1周目に他車と接触

Kohei Saito / Jim
2017年11月13日 « 高い路面温度ながら1ストップ成功 | 何とか1点をもぎとったヒュルケンベルグ »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

現地時間12日(日)、シーズン第19戦ブラジルGP決勝レースに挑んだハースF1はロマン・グロージャンが15位で完走し、ケビン・マグヌッセンはオープニングラップで他車と接触してリタイアを余儀なくされた。

ロマン・グロージャン

「オープニングラップについて僕が唯一言えるのは、ターン1で強くヒットされたということ。それで左リアがパンクしてしまったんだと思う。ターン6に差し掛かってマシンのコントロールを失ったんだけど、それはパンクのせいだったんだろう。そこへもってきてペナルティを科されたものだから、全く納得いかないよ。映像を見てみたいね。レースでのポジティブな面はスーパーソフトを履いた最後のスティント。その時のマシンは素晴らしい感触だった。フロアに大きなダメージを負っていたにもかかわらず、すごく好感触だったんだ。どうしてこんなに良かったのか理解しておく必要があるし、それからアブダビに向かうよ」

ケビン・マグヌッセン

「映像を研究しないと。僕の意見としては僕たち3人がコーナーに進入した。そこでバンドールンと接触し、そこから彼がリカルドに接触したんだ。僕はフロントサスペンションを傷めてしまったから、ベストな状態じゃなかった。バンドールンの外側にリカルドがいると早めに気づいていれば、もしかしたらもう少しスペースをあげられたかもしれないけど、僕がリカルドを確認した時にはもう遅すぎた。すでにスピードに乗ってしまっていたから。こういうことが起きるときついし、かなりフラストレーションがたまるけど、でもこれがレースだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「残念なリザルトだ。スタートにあたって、われわれのマシンもドライバーも、これより良い結果を出そうとモチベーションを十分に上げていたのだが、1周目ですっかりしぼんでしまったよ。レーシングアクシデントというのは起こるものだ。ケビンについては、ベストを尽くそうとしたのだが、1周目でああなってしまった。ロマンもまたコースオフしてしまい、それに加えてすでにあのインシデントで割を食っていたにもかかわらず、別のタイムペナルティを科されてしまった。私は納得などできない。いずれにしろ、われわれはポイントを獲得できるようなポジションではなかったので、リザルトには影響しなかったけれどもね。アブダビへ進み、そこで巻き返せるかどうかを見てみよう」

© ESPN Sports Media Ltd.