Haas

/ News

  • 日本GP - ハースF1 - 決勝

素晴らしい形で週末を締めくくったハースF1

Kohei Saito / Jim
2017年10月8日 « ダブル入賞を喜ぶフォース・インディア | パーマー、ルノーとのラストレースで12位完走 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

8日(日)に鈴鹿サーキットで開催されたシーズン第16戦日本GP決勝レースでハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは激しいチームメイト対決を繰り広げながら8位と9位でゴールし、ダブル入賞を達成した。

ロマン・グロージャン

「チームにとって2度目のダブル入賞だから、最高だよ。チームのためにとてもうれしく思う。昨日からマシンには良いペースがあるって分かっていたんだ。レースではずっとケビン(マグヌッセン)の背後を走っていたから見せられなかったけど、マシンはもっと速かった。僕が前に出られたらよかったんだけどね。そうすればフォース・インディアとも戦えたはずだから、かなり良かった。僕たちはタイヤをもう少しうまく機能させる方法を見つけたんだ。これがカギになったのは明らかだね。タイヤがうまく機能しているとすごく速いんだ。機能していなければ、苦しんでしまうんだけど。タイヤの使い方についてはまだ改善する必要はあるけれど、マシンの感触はかなり良くなった。ブレーキにも満足しているし、全てがうまくいったよ。僕らにとって2回目のレースとなるオースティンに向かうのが楽しみだ。あそこはとてもクールなコースだからね。僕らを歓迎してくれるファンのみんなに会えるのを楽しみにしているし、そこでもいくらかポイントを獲得できるといいな」

ケビン・マグヌッセン

「レースを楽しめたよ。チームとしてのポテンシャルを最大限に発揮し、8位と9位でポイントを獲得できた。これ以上は望めなかったはずだから、満足しているよ。ここ最近はいくつか良いレースをできていたと感じているんだけど、ポイントを得るために必要なほんの少しの運が足りなかったんだ。今日はうまくいったよ。できればこの流れをキープして、残りのシーズンでもっとポイントを稼げたらいいね。今日のような結果は決して簡単に得られるものじゃない。全てを正しくこなす必要があるし、今日の僕たちはそれができた。チームがよくやってくれた」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「チームにとっては最高の結果だ。2台揃ってのポイント獲得は2度目。両ドライバーとも最高のレースを戦ってくれた。非の打ちどころなし。われわれにできるベストであり、それをやってのけた。全員のことを心から誇りに思う。今回は非常に悪い形で始まった週末だった。複雑ではあったが、終わり良ければ全て良しだ」

© ESPN Sports Media Ltd.