Haas

/ News

  • ハンガリーGP - ハースF1 - 決勝

ペナルティに不満げなマグヌッセン

AI / Jim
2017年7月31日 « マクラーレン、W入賞にファステストラップ記録 | ディ・レスタ、久々のレースもオイル漏れで完走ならず »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

30日(日)、シーズン第11戦ハンガリーGP決勝レースが開催され、ハースF1のケビン・マグヌッセンが11位でゴールした一方、ロマン・グロージャンはピット作業のミスでリタイアを余儀なくされた。

ロマン・グロージャン

「公平に見ると、レースについてはあまり語ることがない。僕のレースは最初のコーナーでぶつけられた時点で終わっていた。そしてパンクチャーが起き、その後はホイールが緩んでしまったから、リスクを負わないようにクルマを止めなければならなかったんだ。タフな週末を経験した時は、落馬後すぐまた馬に乗るように、すぐにクルマに乗りたい。みんなにとって休暇は良いものだろうけど、こういった週末を避けるために何ができるのか理解する必要がある」

ケビン・マグヌッセン

「ペナルティは全然理解できない。ターン1で起きたことについて彼(ヒュルケンベルグ)には何も科されなかった。彼はロマン(グロージャン)のサイドに突っ込んで、事実上、彼のレースを終わらせたんだ。僕は彼に触ってもいなかった。僕がコーナーを取っていたんだから、彼は下がる選択もできたはずだ。僕がイン側にいて、僕たちはサイド・バイ・サイドだった。どちらかと言えば、僕が少し前にいたしね。僕は自分のラインを取っただけで、レーシングラインを外れたわけじゃない。僕たちはブレーキを遅らせたから、ワイドに膨らみ、進入でプッシュするのは自然なことだ。彼はアウト側で自分自身を危険にしたんだよ。今週末はあまりポジティブな面がなかったね。すべてにおいてタフな週末だった。次戦はもっと良くなると信じている」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「タフな週末をタフな日曜日で終えてシーズン前半戦の締めくくりだ。レースに関してはまずポジティブな点を取り上げたい。ケビンが必死に戦い抜き、ロマンはタイヤ交換にミスがあった。タイヤ交換を担当するメンバーは多くのプレッシャーがかかっている。起きるならばそこだろうという場所だ。ロマンはいずれにせよマシンに満足していなかった。15番手だったので、得られるものも何もない。いずれは起きることなのであれば、ここであるべきだ。ケビンは見事なレースだった。ポジションを守ったところ、ペナルティを食らってしまい、私自身は完全に同意していない。ターン1で同じドライバー(ヒュルケンベルグ)が他車にしたことと非常によく似ている。結局、こういうものだということだろう。いけても11位だったので、どっちにしてもポイントにはつながらない。起きてしまったことだ。これを乗り越えなければ。タフな週末だった。この後は少しの休みに入り、戻ってきたときにはポイント獲得といきたいね」

© ESPN Sports Media Ltd.