Haas

/ News

  • オーストリアGP - ハースF1 - 決勝

ポイント圏内に戻ってきたハース

AI / M.S.
2016年7月4日 « 見事な追い上げを決めたサインツ | 「不運なインシデント」とハミルトン »
© Martini/Sutton
拡大

3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGPでハースF1のロマン・グロージャンが7位入賞を果たし、エステバン・グティエレスが11位でゴールした。

ロマン・グロージャン

「とても良いレースだった。1周目は全然ダメだったけどね。他のクルマに押されて、かなりのポジションを落としてしまった。その後はタイヤがダメになってきていたけど、スーパーソフトで走り続けた。ペースをつかんでいい走りができたよ。僕たちがピットストップを予定していた時にセーフティカーが出たから、少し助けになったかな。その後、バトンの後ろになった。彼を追いかけて、オーバーテイクしようとしたんだ。でも、他のクルマを追ってパスするなんて厳しすぎた。最後の数周で僕が5秒のタイムペナルティを科されたと知って、後ろのクルマとのギャップを広げなければならなかった。本当に、1周ごとに100%プッシュしたんだ。それはかなり楽しかったけど、ストレスでもあったね。リタイアしたくなかった。最後にリタイアしたのはペレスだったから、僕にとっては良かったよ」

エステバン・グティエレス

「スタートからとても厳しいレースだった。アンチストールに入ってしまって、かなりのポジションを落とした。その後はリカバーして、前まで戻るために計画とは異なる戦略でベストを尽くそうとした。結局のところペースは良かった。ポジションを取り戻して、いい状態に戻ったんだ。でも、グリップには苦しんでいたよ。僕たちはポイント圏内まであと少しの11位に終わった。それは残念だけど、少なくとも持てる力でずっと戦ったからね。プッシュし続けて、次のレースに集中するつもりだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「ついにポイント圏内に戻ってきたものの、容易に成し遂げたわけではない。チーム全体がファンタスティックな仕事をし、7位と11位につけた。ロマンはタイムペナルティを科されている。しかしながら、何とかポジションを守ることができた。彼のタイヤ戦略は他とはやや異なっていたが、それがうまくいってマシンは速かった。エステバンのスタートはあまり良いものではなく、彼はいくつかのポジションを失っている。さらに、彼のタイヤ戦略はわれわれの計画通りにいかなかった。だが、彼は位置を上げてウェーレイン(マノー)まで30秒の11位でフィニッシュしている。エステバンが11位になるのは3度目であり、彼にそれが可能であること、そしてチームにそれが可能であることを示している。概して再びポイントを手にできて安心しているし、シルバートーンに期待している」

© ESPN Sports Media Ltd.