Haas

/ News

  • バーレーンGP - ハースF1 - 決勝

2戦連続入賞を果たしたグロージャン

Me / Jim
2016年4月4日 « 「最高のレースだった」とウェーレイン | 2017年規約の批判に対処するFIA »
© Gasperotti/Sutton
拡大

3日(日)、シーズン第2戦バーレーンGP決勝に挑んだハースF1のロマン・グロージャンが5位入賞を果たした一方、エステバン・グティエレスは完走できなかった。

グティエレスはスタートで大きくポジションを上げながらも、トラブルが発生したためにレース半ばでマシンをガレージに収めている。

ロマン・グロージャン

「アメリカンドリームだ。信じられないよ。オーストラリアで6位フィニッシュした時に、期待し過ぎちゃだめだって言ったけど、今度は5位フィニッシュだ。まだ僕らが改善できることは、ピットストップからクルマのセットアップまでたくさんある。でも、これはみんなのためのものだよ。昨夜、彼らの顔を見た時みんなすごく疲れていた。大変な量の仕事をこなしているからだ。すごく大きな報酬だよ。本当に信じられない。レースでクルマにはいい感触を得ていた。アグレッシブな戦略だったけど、タイヤマネジメントはずっと僕の強みだったんだ。このコースはソフト寄りのコンパウンドだったから、僕の好みに合っていた。クルマはスーパーソフトタイヤ向きのセットアップになっていて、ファンタスティックなレースができたよ。クルマのベースラインはすごく良かった。すべてうまく機能している。まさかドライバーズランキングで5番手になれるなんて。僕のキャリアで初めてだよ。信じられない」

エステバン・グティエレス

「最高の仕事ができたんじゃないかな。スタートは良かったし、たくさんポジションを上げられたから、ものすごく自信があったんだ。マシンの感触もとても満足できたし、タイヤも燃料もしっかりと管理できていた。残念なのはフロントブレーキにトラブルがあったこと。続けられないと思ったからリタイアするしかなかった。今は中国を楽しみにしている。チームは本当にうまくやっている。速さはあるし、最高のマシンだと思う。だから、次のレースも戦い続けるよ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「チームにとっては最高の1日だ。ロマンが素晴らしい仕事をしてくれた。そしてチームの皆もよくやった。唯一のマイナス面はエステバンがレースを完走できなかったこと。左フロントブレーキに問題があり、さらに調査を進めていく。中国に向けての目標は2台を完走させ、そしてポイントフィニッシュさせることだ。何度か実施したピットストップで自信も深まった。次のレースに行くのが楽しみでしょうがない。今の調子を維持していきたい」

© ESPN Sports Media Ltd.