イギリスGP

/ News

  • メルセデス
  • フェラーリに同情心を示すウォルフ
  • 2017年9月18日: シンガポールGPのオープニングラップで両ドライバーが姿を消したフェラーリの気持ちが分かるとメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフが語っている。

  • シンガポールGP - フェラーリ - 決勝
  • フェラーリ、まさかのダブルリタイア
  • 2017年9月18日: フェラーリは17日(日)、シーズン第14戦シンガポールGP決勝レースに挑むも、雨天で始まったオープニングラップで2台ともリタイアを喫した。

  • マックス・フェルスタッペン
  • ベッテルを名指しで非難するフェルスタッペン
  • 2017年9月18日: シンガポールGPのオープニングラップで上位3台をリタイアに追い込んだ接触の"主な"責任は、セバスチャン・ベッテルにあるとマックス・フェルスタッペンは考えている。

  • キミ・ライコネン
  • 「4番手ならよしとしよう」とライコネン
  • 2017年9月17日: シンガポールGPの予選を通して"快適にはほど遠い"状態だったというキミ・ライコネンは、グリッド2列目に滑り込めたことに満足しているという。

  • シンガポールGP - ザウバー - 予選
  • レースに期待するエリクソン
  • 2017年9月17日: 16日(土)、シーズン第14戦シンガポールGP予選が行われ、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは19番手と20番手に終わった。

  • シンガポールGP - レッドブル - 予選
  • 予選結果を生かして勝利を狙うレッドブル
  • 2017年9月17日: 16日(土)、シーズン第14戦シンガポールGP予選に挑んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドは2番手と3番手に入った。

  • シンガポールGP - メルセデス - 予選
  • 3列目に甘んじたメルセデス
  • 2017年9月17日: 16日(土)に行われたシーズン第14戦シンガポールGP予選でメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは5番手と6番手に終わった。

  • シンガポールGP - ピレリ - 予選
  • 戦略は1ストップが有利とピレリ
  • 2017年9月17日: 16日(土)、シーズン第14戦シンガポールGP予選が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがウルトラソフトタイヤで1分39秒491をたたき出してポールポジションを獲得した。

  • セバスチャン・ベッテル
  • フェラーリはまだ戦えるとベッテル
  • 2017年9月16日: 初日こそレッドブルのペースにかなわなかったものの、セバスチャン・ベッテルはシンガポールGPの予選でフェラーリがもっと強くなると信じている。

  • シンガポールGP - ザウバー - 初日
  • トラブルフリーで初日を終えたザウバー
  • 2017年9月16日: シーズン第14戦シンガポールGP初日を迎えた15日(金)、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは2回のセッションを通してタイムシート下位に沈んだ。

  • シンガポールGP - メルセデス - 初日
  • グリップとバランスに苦戦したボッタス
  • 2017年9月16日: 15日(金)、シーズン第14戦シンガポールGP初日のセッションに臨んだメルセデスは2回目のフリー走行でルイス・ハミルトンが3番手、バルテリ・ボッタスが4番手に並んだ。

  • メルセデス
  • メルセデスは1ラップの速さで戦えるとドライバー陣
  • 2017年9月15日: フェラーリとレッドブルにアドバンテージがあると予想されるシンガポールGPだが、メルセデスの1ラップのペースを生かせば対処できるはずだとルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは考えている。

  • セバスチャン・ベッテル
  • アドバンテージを過信しないベッテル
  • 2017年9月14日: 今週末のシンガポール市街地サーキットがメルセデスよりフェラーリ向きだとの説をセバスチャン・ベッテルはあまり信じていない。

  • キミ・ライコネン
  • 有力説に惑わされないライコネン
  • 2017年9月14日: 今週末のシンガポールGPで最有力のタグを貼り付けられたフェラーリだが、キミ・ライコネンがそれに浮かれる様子はない。

  • ジョリオン・パーマー
  • ルノーで今季を全うするとパーマー
  • 2017年9月14日: ジョリオン・パーマーは2017年の大半を通して、ルノーから放出されるというメディアの推測を無視し続けている。

  • フェルナンド・アロンソ
  • 有利な選択肢は至る所にあるとアロンソ
  • 2017年9月14日: パドック内では来季マクラーレン残留がほぼ確実とみられているフェルナンド・アロンソだが、彼自身はまだ2018年にどこでドライブするかを決めていないと主張している。

Top of the Page上へ