イギリスGP

/ News

  • イギリスGP - 決勝

ウェバーがアロンソを破って優勝!

M.S.
2012年7月8日
アロンソのリードで始まったレース © Getty Images
拡大
関連リンク

2012年FIA F1世界選手権第9戦は1950年にF1世界選手権の第1戦として開催されて以来、連綿と続いてきた伝統のイギリスGP。シルバーストーン・サーキットにて8日(日)日本時間21時からイギリスGP決勝が行われた。

サーキットは1周5.891km、決勝レースは52周で行われる。DRSゾーンはターン4とターン5の間からウェリントンストレートにかけての1カ所に設定された。ピレリはプライムにハードコンパウンド、オプションにソフトコンパウンドの2種類のドライタイヤを持ち込んでいる。

大雨の影響で約1時間半の中断をはさんで実施された予選では、フェラーリのフェルナンド・アロンソがポールポジションを獲得。レッドブルのマーク・ウェバーがアロンソの隣につき、2列目には3番手ミハエル・シューマッハ(メルセデス)と4番手セバスチャン・ベッテル(レッドブル)のドイツコンビが並ぶ。

また、前戦ヨーロッパGPで科されたペナルティにより予選12番手の小林可夢偉(ザウバー)は5グリッド、16番手のジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)は10グリッド降格された。また、9番手ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)とトップから107%以内に入れなかったもののレース参戦が認められたシャルル・ピック(マルシャ)はギアボックス交換により5グリッド降格されており、最終的には可夢偉が17番手、ベルヌが23番手、ヒュルケンベルグが14番手、ピックが24番手からそれぞれスタートする。

雨用タイヤでQ3を戦ったトップ10の面々ではアロンソと8番グリッドのハミルトンのみがハードタイヤをチョイス。他には11番手ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、12番手ダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)、14番手ヒュルケンベルグ、16番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、17番手の可夢偉、20番手ティモ・グロック(マルシャ)、21番手ペドロ・デ・ラ・ロサ、22番手ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)がプライムでのスタートを選択している。

18番手からスタートするはずだったケータハムのヴィタリー・ペトロフはマシントラブルからグリッドにつくことができず、スタートを切れないままに苦い週末を終えた。

レース開始時の天候は晴れ、気温19度、路面温度22度のドライコンディション。フォーメーションラップを終えた23台がグリッドについてレースがスタートすると、アロンソを先頭にターン1へと全車がなだれ込んでいく。

5番手スタートのフェリペ・マッサが好スタートを切ってベッテルをかわし、シューマッハの後ろについた。10番グリッドからスタートしたポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)はパンクチャーを喫し、オープニングラップを終えて緊急ピットインを行ったものの、そのままリタイアしている。

後方では可夢偉が12番手に浮上。3周目には9番手スタートだったグロージャンがピットストップを行って20番手まで後退するも、新しいソフトタイヤでファステストラップをたたき出した。

序盤にポイント圏内を走っていたのはアロンソ、ウェバー、シューマッハ、マッサ、ベッテル、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、キミ・ライコネン(ロータス)、ハミルトン、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、セルジオ・ペレス(ザウバー)の10名。12周目にはマッサがシューマッハをかわして3番手に浮上した。

その直後、同時にピットに入って15番手と16番手でコースに復帰したマルドナドとペレスがアウトラップで接触。マルドナドは自力でピットへ戻ったが、ペレスは怒りもあらわにコース上でマシンを降りた。2人についてはレース後に審議にかけられることになっている。このアクシデントでイエローフラッグが掲示され、DRSが一時使用不可となった。

トップのアロンソが1回目のピットストップを実施したのは16周目。これでハミルトン、可夢偉、ウェバーのトップ3となるも、続く17周目で可夢偉もタイヤ交換に向かっている。

再びハードタイヤを履いてハミルトンの後ろでコースに復帰したアロンソだが、18周目にはスタート時のタイヤで粘るハミルトンをかわして先頭に立った。ハミルトンは22周目にピット作業を行い、ソフトタイヤに履き替えて7番手でコースに戻っている。

トップ10はアロンソ、ウェバー、ベッテル、マッサ、シューマッハ、ライコネン、ハミルトン、グロージャン、可夢偉、ヒュルケンベルグというオーダーに。23周目にライコネンとハミルトンがシューマッハをかわしていった。

オプションで速いペースを刻んだハミルトンだったが、すぐにペースが落ちて28周目にはハードタイヤに交換している。レッドブル勢やライコネンも2回目のピットストップに向かい、コース上では7番手に上がった可夢偉が6番手シューマッハにバトルをしかけるも、シューマッハがピットに入ったことでオーバーテイクはかなわなかった。

可夢偉は38周目にタイヤ交換に向かったアロンソに続いてピットイン。しかし、所定の位置で止まることができず、可夢偉のマシンを避けようとピットクルーが数名転倒してしまった。また、同じタイミングでピットに入ったロズベルグの作業にもミスが生じ、2人はタイムロスしながらもコースへ戻っている。可夢偉のピット作業についてはレース後の審議にかけられる。

2回目のピットストップがひと通り終わった時点でアロンソ、ウェバー、ベッテル、マッサ、ライコネン、グロージャン、ハミルトン、シューマッハ、ヒュルケンベルグ、ブルーノが入賞圏内につけ、11番手バトンを置いて可夢偉は12番手となっていた。

当初は後続に4秒以上の差をつけていたアロンソだが、ソフトタイヤで挑む最終スティントは厳しい戦いとなり、2番手ウェバーにじりじりと差を詰められる。46周目にはついにウェバーがDRS使用可能な位置につけ、48周目にアロンソをオーバーテイクした。

一方、トップ争いの背後では5番手ライコネンが前を行くマッサとのギャップを縮めていた。51周目には1秒以内に入るも、コースを若干外れてしまったことでマッサをパスすることはできなかった。

同じく51周目には10番手ブルーノがヒュルケンベルグにしかけ、複数のコーナーにわたるバトルの末に9番手に浮上。その直後にヒュルケンベルグはワイドになってしまい、後ろからきたバトンと可夢偉にもかわされている。

ファイナルラップを終えたウェバーがトップチェッカーを受け、レースの大部分をリードしたポールシッターのアロンソからイギリスGPの勝利をもぎ取って今季2勝目を挙げた。2位のアロンソと3位のベッテルがウェバーと共に新しくなったシルバーストーンの表彰台に上っている。

4位以降はマッサ、ライコネン、グロージャン、シューマッハ、ハミルトン、ブルーノ、バトンまでがポイントを獲得。11番手の可夢偉からヒュルケンベルグ、リカルド、ベルヌ、ロズベルグ、マルドナド、コバライネン、グロック、ピック、デ・ラ・ロサ、カーティケヤンが完走した。

次戦は第10戦ドイツGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は20日(金)日本時間17時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.