イギリスGP

/ News

  • F1 70周年記念GP - 土曜フリー走行

メルセデスが1-2、ノリスが3番手に食い込む

Jim
2020年8月8日
© Rudy Carezzevoli/Getty Images
拡大

8日(土)、先のイギリスGPと同じシルバーストーン・サーキットを舞台に開催されている2020年FIA F1世界選手権第5戦F1 70周年記念GPの土曜フリー走行が実施され、メルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムをマークした。

F1の70周年を祝う今週末のグランプリにピレリは前戦より、ひと段階柔らかいタイヤ配分を採用しており、C2からC4のコンパウンドが用意されている。タイヤに厳しいシルバーストーンでC4の感触を確かめるため、初日は今週末のソフトタイヤとなるC4を試す陣営が多かったが、その中でも圧倒的な速さを見せつけたのがメルセデスだ。2回のフリー走行とも1-2を達成し、初回はバルテリ・ボッタスが、後半のセッションはハミルトンがトップタイムを記録している。

すっきりとした青空が広がった土曜日のシルバーストーンにて気温24.3度、路面温度35.4度、湿度62.4%のドライコンディションで始まった最後のフリー走行は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが先頭でコースに向かい、相棒のシャルル・ルクレールが続く。開始直後は5人がインストレーションラップを終えただけだったが、マクラーレンがタイム計測をスタートすると他の陣営も加わってコース上がにぎやかになっていった。

ソフトタイヤは一発のラップでタイムを狙う分にはパフォーマンスを発揮するものの、耐久性に乏しいことから大半のチームがミディアムとハードのタイヤセットを温存しようとしており、3回目のフリー走行にしてソフトタイヤで走り続けるドライバーが多い。

セッション前半の30分を終え、タイムシート最上位には1分27秒280をマークしたハミルトンの名前が刻まれ、0.182秒差でボッタスが2番手、3番手につけるレッドブルのマックス・フェルスタッペンはハミルトンに0.3秒遅れ、4番手にはセルジオ・ペレスに代わってレーシング・ポイントをドライブするニコ・ヒュルケンベルグが続いている。

その後、予選に向けた最終調整でミディアムタイヤを試すドライバーが増え、マクラーレンのランド・ノリスが1分27秒202を記録してトップに立つも、新しいソフトタイヤに履き替えたボッタスが1分26秒台に入れてすぐさまそのポジションを奪取した。同様に、新品のソフトタイヤで走ったハミルトンが0.163秒速くラップをまとめてボッタスを上回り、ハミルトンをトップにボッタスが2番手でセッションが終了する。

ハミルトンが残したタイムは1分26秒621と金曜フリー走行2回目のタイムよりも遅かった。ボッタスに次ぐ3番手にノリスが食い込み、レーシング・ポイントのヒュルケンベルグとランス・ストロールが続いた。トップ5ではノリスだけがミディアムタイヤでベストタイムを記録しており、他の4人はソフトでの走行に集中している。

6番手のルクレールに次いでフェルスタッペンとアレックス・アルボンのレッドブル勢が7番手と8番手に並び、アルファ・タウリのピエール・ガスリーとダニール・クビアトは11番手と12番手のタイムを残した。

F1 70周年記念GP予選は日本時間22時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.