イギリスGP

/ News

  • イギリスGP - ピレリ - 予選

上位勢で分かれたタイヤ戦略

Jim
2019年7月14日 « アルボンがQ3進出もクビアトはQ1敗退 | ノリスがQ3進出、「悪くない予選」 »
© Martin Rickett/PA Images via Getty Images
拡大

13日(土)にシルバーストーンで行われたシーズン第10戦イギリスGP予選はメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分25秒093を刻んでポールポジションを獲得した。

予選トップ10のスタートタイヤが決まる(ドライコンディションの場合)Q2ではフロントローを独占したボッタスとルイス・ハミルトンのメルセデスコンビに加えてレッドブルの2台がミディアムタイヤで自己ベストタイムを記録しているが、フェラーリの2人はソフトタイヤでQ3へと進んでいる。

土曜フリー走行はフェラーリのシャルル・ルクレールがトップに立った。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「オーストリアでの前戦のように、イギリスのグリッドも戦略が分かれることとなり、トップ2のメルセデスがミディアムタイヤでスタートする一方、彼らの真後ろにいるフェラーリのシャルル・ルクレールはソフトタイヤだ。これにより、スタートがおもしろくなるかもしれない。2ストップ戦略が明らかに最善の選択肢ではあるが、タイヤの戦略となればさまざまな可能性がある。ミディアムもソフトのコンパウンドも、ある程度のウエア(摩耗)が確認されており、タイヤマネジメントがいくらか求められるだろう。つまり、デグラデーション以上に摩耗が発生するため、ピットストップのタイミングに大きく影響することになる。もうひとつの可変要素は天気だ。今日のコンディションは涼しく変わりやすかったので、どうなっても対応できるように準備しておかなければならない。ラップタイムが非常に接近している上に、上位勢のレースペースが似通っているため、タイトなバトルが見られるかもしれない」

© ESPN Sports Media Ltd.