イギリスGP

/ News

  • イギリスGP

イギリスではフェラーリがアグレッシブなタイヤ選択

M.S.
2017年7月4日 « 「危険な状況を作ったことを理解している」とベッテル | ストロールには素晴らしい資質があるとロウ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

イギリスGPではフェラーリとレッドブルがアグレッシブなタイヤ戦略を選択している。

ピレリがシルバーストーンに持ち込むのはミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類。スペインGPで不評だったハードタイヤは選択肢から外された。ピレリが発表した同グランプリにおけるタイヤチョイスによれば、フェラーリがタイトル争いのライバルであるメルセデスよりアグレッシブな配分を行い、シルバーアローがスーパーソフトを6セットずつ選択したのに対し、各ドライバーに同コンパウンドを8セットずつ配分している。

メルセデスの戦略は最もコンサバティブで、ルイス・ハミルトンが母国グランプリで6セットのソフトコンパウンドを使用。バルテリ・ボッタスはソフトを5セットにしているものの、ミディアムが2セットになっており、今回も同チームはフリー走行で別々のタイヤテストを実施するようだ。

レッドブルコンビは9セットのスーパーソフトを選択し、トロ・ロッソのダニール・クビアトとマクラーレン勢は同コンパウンドを10セットに。クビアトとマクラーレンの2台についてはその他2種のコンパウンドが3セットしかないことになる。

以下がイギリスGPにおける各チームのタイヤ選択だ。

© ESPN Sports Media Ltd.