イギリスGP

/ News

  • イギリスGP - ペナルティポイント

ベッテルに2点のペナルティポイント

M.S.
2016年7月12日 « アロンソが全コンポーネントを交換 | シルバーストーンテスト初日午前:7月12日 »
© ESPNF1
拡大

シーズン第10戦イギリスGPでペナルティポイントを科されたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルのみで、戒告処分を受けたドライバーもいなかった。

ベッテルは決勝レースでフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とポジション争いをした際に、マッサにコースオフを強いたとして5秒のタイムペナルティを科されるとともに、ペナルティポイントを2点加算されている。

次戦ハンガリーGP決勝日までに2015年第10戦ハンガリーGP初日に発令されたペナルティポイントが消滅するものの、同日にペナルティポイントを科されたドライバーはいないため、累積状況に変化はない。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

© ESPN Sports Media Ltd.