イギリスGP

/ News

  • イギリスGP

第10戦のドライバー・オブ・ザ・デーにフェルスタッペン

M.S.
2016年7月11日 « 痛みを抱えてレースしたエリクソン | 電気系のトラブルでパニックになったハース »
© Gasperotti/Sutton
拡大

イギリスGPで2位に入ったマックス・フェルスタッペンが、レッドブルに移籍してから6戦目にして4回目のドライバー・オブ・ザ・デーに輝いた。

18歳のフェルスタッペンはシルバーストーンで輝きのある走りを披露し、レースを通してメルセデスのニコ・ロズベルグと2位を懸けたバトルを展開した。その中で、フェルスタッペンはチャペルからベケッツにかけた部分でアウトサイドからスリリングなオーバーテイクを成功させている。

コース上のポジションは3位に落としたものの、ロズベルグが無線規制の違反でレース後にタイムペナルティを科されたため、最終的にはフェルスタッペンが2位という結果を手にした。レッドブルに移ってからのフェルスタッペンはグリッドでも最も好調なドライバーであり、移籍以降の6レースでフェルスタッペンより多くのポイントを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトンのみだ。

シルバーストーンではついに僚友ダニエル・リカルドを予選で上回ったフェルスタッペン。それまで、リカルドはダニール・クビアト(現トロ・ロッソ)を含むチームメイトに予選で負けたことがなかった。11日(月)、F1公式サイト上でイギリスGPのドライバー・オブ・ザ・デーが発表されている。

【2016年ドライバー・オブ・ザ・デー受賞者】

開幕戦オーストラリアGP: ロマン・グロージャン(ハースF1/6位)

第2戦バーレーンGP: ロマン・グロージャン(ハースF1/5位)

第3戦中国GP: ダニール・クビアト(当時レッドブル/3位)

第4戦ロシアGP: ケビン・マグヌッセン(ルノー/7位)

第5戦スペインGP: マックス・フェルスタッペン(レッドブル/1位)

第6戦モナコGP: セルジオ・ペレス(フォース・インディア/3位)

第7戦カナダGP: マックス・フェルスタッペン(レッドブル/4位)

第8戦ヨーロッパGP: セルジオ・ペレス(フォース・インディア/3位)

第9戦オーストリアGP: マックス・フェルスタッペン(レッドブル/2位)

第10戦イギリスGP: マックス・フェルスタッペン(レッドブル/2位)

© ESPN Sports Media Ltd.