イギリスGP

/ News

  • イギリスGP - 決勝

トラブル続発! 混戦を制すはロズベルグ

M.S.
2013年6月30日
混乱に満ちたレースで勝利をもぎとったロズベルグ © Sutton Images
拡大

伝統のシルバーストーン・サーキットにて30日(日)日本時間21時から2013年FIA F1世界選手権第8戦イギリスGP決勝が行われた。

前日に実施された予選では地元出身のルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得。チームメイトのニコ・ロズベルグが最前列でハミルトンの隣に並び、2列目にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーが控えている。

それに次ぐ予選5番手に入ったフォース・インディアのポール・ディ・レスタだったが、重量不足により予選結果から除外されてグリッド最後方へ。予選21番手のギド・ヴァン・デル・ガルデ(ケータハム)が前戦でのウェバーとの接触による5グリッド降格に加えてギアボックス交換でさらに5グリッド降格されたため、ディ・レスタが21番グリッド、ヴァン・デル・ガルデが22番グリッドについた。

ピレリは高速コーナーが特色のこのサーキットにハードコンパウンド(プライム)とミディアムコンパウンド(オプション)の2種類のドライタイヤを用意。2010年に大幅な改修を経たサーキットは1周5.891km、決勝レースは52周で行われる。DRSゾーンはターン5からターン6のウェリントンストレートおよびターン14からターン15のハンガーストレートの2カ所に設定されている。

レース開始時の天候は晴れ、気温は21度、路面温度31度のドライコンディション。スタート時のタイヤとしてプライムを選んでいたのは10番グリッドのジェンソン・バトン(マクラーレン)、12番グリッドのジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、14番グリッドのニコ・ヒュルケンベルグ、17番グリッドのエステバン・グティエレス(共にザウバー)、18番グリッドのシャルル・ピック(ケータハム)、そしてディ・レスタとヴァン・デル・ガルデだった。

シグナルが消えたのを合図に22台が一斉にスタートすると、先頭でターン1に向かうハミルトンに続いてベッテルがロズベルグの前へ出る。一方、ウェバーはロマン・グロージャン(ロータス)と接触して大きく順位を落とし、上位はハミルトン、ベッテル、ロズベルグ、スーティル、マッサ、ライコネン、リカルド、グロージャンのオーダーに。アロンソは一時10番手に下がったが、バトンをかわして9番手を走っていた。

ハミルトンは快調に飛ばして5周目にはベッテルまで2秒のギャップを築く。アロンソが8番手に上がり、後方からスタートしたディ・レスタは15番手ベルヌから1秒のところにつけていた。ポイント圏内を走っていたバトンは4輪すべてにオーバーヒートが起こっていると訴えており、じりじりと順位を下げていく。

序盤8周目にしてレースは大きく動いた。トップを走っていたハミルトンの左リアタイヤがウェリントンストレートでバーストし、ハミルトンはフロアを擦りながら何とかピットを目指す。

10周目にグロージャンとディ・レスタが1回目のピットストップを行った直後、今度は4番手に上がっていたマッサにハミルトンとほぼ同じ場所で左リアのバーストが発生。2人はそれぞれ新しいハードタイヤに履き替えてレースを続行した。

その間に多くのドライバーが1回目のタイヤ交換を完了。レースが第2段階に入ろうというところで、15周目にまたしても左リアタイヤのトラブルが起こってしまう。今回犠牲になったのはベルヌだったが、セクター3での出来事だったために前の2人よりも短い道のりを経てピットへと帰還した。

これを受け、相次いだトラブルで散らばったデブリを片付けるためにセーフティカーが導入される。土曜フリー走行でのセルジオ・ペレス(マクラーレン)の一件を合わせ、この週末で同様のアクシデントが発生するのは4回目。この時点でトップ10のオーダーはベッテル、ロズベルグ、スーティル、アロンソ、ライコネン、グロージャン、リカルド、ペレス、ウェバー、バトンとなっており、ベッテルのタイヤにも同様のトラブルが起こる寸前だった模様だ。

レースは22周目に再開される。4番手アロンソが表彰台をかけてスーティルに襲いかかるも、スーティルが何とかしのいでいる。29周目にウェバーがグロージャンをかわして7番手にポジションアップ。上位勢の中ではライコネンがいち早く動き、30周目に2回目のタイヤ交換を実施している。

先頭を行くベッテルとロズベルグが序盤に交換したハードタイヤで踏みとどまる中、後続のドライバーは順次ピットボックスへと向かう。ロズベルグが35周目、ベッテルが続く36周目にタイヤ交換を実施した。

2人はそのままのオーダーでコースへ復帰し、3番手に続くのはライコネン。ウェバーがアロンソをかわして4番手に浮上し、6番手に上がっていたハミルトンは程なくして2回目のピットストップに向かっている。12番手に戻ったハミルトンは前を行くディ・レスタをオーバーテイクして11番手からポイント圏内を狙った。

トップのベッテルは2番手ロズベルグとのギャップを保ちながら順調にレースを続けていたが、42周目に突如スローダウン。ベッテルのマシンはピットストレートで止まってしまい、2回目のセーフティカー出動となった。

これを見てロズベルグとウェバーを含む数名がピットへ向かい、隊列はセーフティカー先導の下でロズベルグ、ライコネン、スーティル、リカルド、ウェバー、ペレス、バトンというオーダーに落ち着く。ベッテルのアクシデントの直後にピットに入っていたアロンソは8番手で、ハミルトンとグロージャンが得点圏内に続いた。

レースは46周目にリスタート。ウェバーがリカルド、アロンソとハミルトンがバトンをそれぞれかわして行く。その直後、今度はペレスに今週末2回目のバーストが生じ、ガレージで戦線離脱を選んでいる。

コース上ではバトルが続き、ウェバーはスーティルとライコネンを料理して2番手に。アロンソとハミルトンも2人そろって1つずつポジションを上げていき、ライコネンの後ろ4番手と5番手にぴったりとつけている。

粘るライコネンだが2回目のセーフティカー中にタイヤ交換のチャンスを逃したのが響いたか、50周目にアロンソ、翌51周目にハミルトンの先行を許す。後方ではグロージャンが残り1周という段階でマシンを頭からガレージにおさめてしまった。

2番手ウェバーは最後までロズベルグを追いかけ続けたものの、ポジションが入れ替わることはなくロズベルグが今季2勝目をゲット。ウェバーとアロンソが2位と3位で共に表彰台に上った。

序盤のバーストから見事に態勢を立て直したハミルトンが4位で、以下ライコネン、マッサ、スーティル、リカルド、ディ・レスタまでがポイントを獲得。

11位のヒュルケンベルグからパストール・マルドナド(ウィリアムズ)、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、バトン、グティエレス、ピック、ジュール・ビアンキ、マックス・チルトン(共にマルシャ)、ヴァン・デル・ガルデに加え、グロージャンとペレスが完走扱いとなっている。

次戦は連戦で行われる第9戦ドイツGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は7月5日(金)日本時間17時スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.