イギリスGP

/ News

  • イギリスGP

雨対策に励むシルバーストーン

Me
2013年3月29日 « 信頼不足を認めるホーナー | ロータス成功のカギは予算 »
昨年のレースは悪天候のため、来場するファンに大きな問題を引き起こした © Press Association
拡大
関連リンク

シルバーストーンのマネジングディレクター、リチャード・フィリップスは、イギリスGPで2012年のような問題が再発しないよう手を尽くしているという。

昨年のレースは豪雨の影響で初日から駐車場が泥であふれてしまい、レース日にさらなる問題が起きることを防ぐためにファンに予選日の来場を避けるよう呼び掛ける事態に発展してしまった。今年は同様の問題が起こらないようにサーキットが対策を施したとフィリップスは言い、レース週末の改善にも努めていると述べた。

「イギリスGPがファンにとってより素晴らしい体験となることを確実にし、天候の影響で昨年の金曜日のようなご迷惑をかけることがないよう、再発防止に多くの時間と資金を投じている」とフィリップスは述べた。「今年は声援を送る4人のイギリス人ドライバーがおり、雰囲気は大いに盛り上がるだろう」

さらにフィリップスは、昨年の問題が今年のレースの観客動員数には影響しないだろうとの自信を示した。

「開幕からの2戦を基準に考えれば、今年は息をのむシーズンになるはずだ。昨年のイギリスGPは3日間で29万7,000人という群を抜いた入場者を引き付けた。ドライバーたちが今と同レベルの興奮を維持してくれれば、6月末のレースで今年も満員のスタンドが見られることだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.