30秒ごとに更新されます

モータースポーツ発祥の地シルバーストーンで伝統の一戦が終わったばかりですが、F1サーカスは連戦でドイツGPに挑みます。今年の舞台はニュルブルクリンク。シーズン第9戦ドイツGPは7月5日(金)に開幕、初回セッションは日本時間17時からスタート予定です。それではまた次回ドイツGPでお会いしましょう!

52周目

ハミルトンがライコネンをとらえます! オーバーテイクを成功させて・・・4番手!

先頭のロズベルグはすでにファイナルラップに入っています。ハミルトンは1秒前のアロンソをかわして表彰台に上れるでしょうか!? ハミルトンがアロンソに接近! ウェバーもロズベルグに迫っています!

ロズベルグがトップでチェッカーを受けます! 2位にウェバー、3位はアロンソです。ハミルトンが4位でゴール。ライコネン、マッサ、スーティル、リカルド、ディ・レスタ、ヒュルケンベルグがポイントを獲得しました。

ディ・レスタは後方グリッドからのスタートでしたが、素晴らしい巻き返しを披露し、フォース・インディアのダブルポイント獲得に貢献。

そして、ポールシッターのハミルトンはタイヤトラブルで大きくポジションを落としながらも、最後は表彰台まであと一歩に近づく好パフォーマンス。イギリスのF1ファンを大いに沸かせてくれました。

51周目

ただ、ウェバーも最後まで諦めるつもりはないようで、新たなファステストラップを記録してプッシュしています。

トップ2と違い、タイヤ交換をしなかったライコネン。アロンソに抜かれて4番手に後退。これでアロンソが表彰台圏内に入ります! ライコネンは続いてハミルトンからのプレッシャーに耐えなければなりません。

50周目

ウェバー同様にセーフティカー導入中にタイヤを交換した先頭のロズベルグはファステストラップを刻みながらゴールを目指しています。ウェバーとは1.4秒差ですが、このペースであれば逆転は難しそうです。

49周目

残り4周、DRSの使用が許可されました。

スーティルはタイヤが苦しいのか、アロンソにかわされ、ハミルトンにも追い抜かれます。

上位のオーダーはロズベルグ、ウェバー、ライコネン、アロンソ、スーティル、ハミルトン、マッサ、リカルド、グロージャン、ディ・レスタとなりました。

48周目

ウェバーがスーティルを追い抜き3番手に。リカルドはアロンソやハミルトンにもかわされてしまいました。

ウェバーとライコネンがサイド・バイ・サイド! タイヤが新しいウェバーが有利でしょうか!? ライコネンも必死に守りますが・・・ウェバーが前に出ました!

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • マシンを止め、コックピットを離れるセバスチャン・ベッテル(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) パンクで大ダメージを負いながらもピットを目指すペレス(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) 表彰台でトロフィーを手にしたニコ・ロズベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) レースをリードするニコ・ロズベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日)
  • コースに散らばったラバーを集めるマーシャル(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) コースに散らばったラバーを集めるマーシャル(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) 表彰台でトロフィーを手にしたニコ・ロズベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) FIA会長のジャン・トッド(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日)
  • 優勝トロフィーを掲げるニコ・ロズベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) 勝利を喜ぶニコ・ロズベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) タイヤトラブルに見舞われ、ピットを目指すルイス・ハミルトン(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日) セーフティカー導入中に路面の清掃にあたるトラック(イギリスGP/シルバーストーン、2013年6月30日)