イギリスGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第10戦イギリスGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間18時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第10戦イギリスGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日に実施された2回のフリー走行はいずれもメルセデスコンビがタイムシート上位を独占。トップの座をキープし続けたのはバルテリ・ボッタスで、後半のセッションでは1分28秒496をマークしています。

2番手に甘んじたルイス・ハミルトンではありますが、いずれも100分の数秒差と接戦のタイムを残しており、スーパーソフトタイヤで自己ベストを刻んだフリー走行2回目は0.047秒の差しかありませんでした。

ただ、ボッタスは予定外のギアボックス交換を強いられ、予選順位から5グリッド後退することが明らかになっています。

メルセデスが優位を誇る高速サーキットのシルバーストーンでフェラーリ、レッドブルとライバルたちがどこまで近づけるのか、注目です。

もうひとつ注目なのがシルバーストーンのお天気。現時点で霧雨状態のサーキットはドライコンディションを保ちつつ、気温は15度、路面温度20度、湿度84%。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。早速、ザウバーのパスカル・ウェーレインがコースに向かいます。

ウェーレインはスーパーソフトタイヤを履いていますが、次にコースインしたレッドブルのダニエル・リカルドはユーズドのミディアムタイヤを装着。

他にも初日に使用したミディアムタイヤを履いて、路面状況を確認するドライバーが多いようです。

早速、ザウバーコンビがタイムを刻んできました。エリクソンが1分32秒台、ウェーレインは1分33秒だです。

トロ・ロッソのダニール・クビアトの報告によると、あまり雨は気にならない様子。ただし、路面温度が低いことを指摘していました。

ハミルトンが1分29秒544をマーク! タイヤは新しいソフトを履いています。

ボッタスはゆったりと1周して1分35秒台。

ベッテルとライコネンのフェラーリ勢もタイム計測を完了。

ボッタスが1分29秒393を記録してトップに立ち、ハミルトンを挟んでライコネン、ベッテルのオーダーです。

メルセデス、フェラーリ、ザウバー、トロ・ロッソのサインツ以外はインストレーションラップを終えていったんピットに戻っています。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンがコースに向かいました。まだフォース・インディアのガレージに動きはありません。

フォース・インディアがエステバン・オコンをコースに送り出します。少し時間をおいてセルジオ・ペレスも出陣しました。

ライコネンがセクター1のファステストを刻むも、残りは自己ベストにとどまり、ポジションは4番手のまま。

ボッタスが1分28秒台に入れてトップをキープし、ハミルトンが0.242秒差で続く格好。3番手に並ぶベッテルはトップから0.432秒遅れています。

ハミルトンも1分28秒台にのせてきました。ボッタスのタイムを0.080秒上回ってトップに浮上します。

フェラーリ勢はそれぞれ6周を走ってピットに帰還しています。

ボッタスに続いてハミルトンもピットに戻りました。

コース上は14台。メルセデスとフェラーリ以外ではハースF1のマグヌッセンとウィリアムズのマッサがガレージで待機しています。

ボッタスが再度、コースに向かいました。

続いてマグヌッセンも走行プログラムを開始。マッサがその後ろからコースに入ります。2人ともまだノータイム。

セッションが始まって15分以上が過ぎましたが、路面温度は20度のまま変わらず。

レッドブルの2台、トロ・ロッソのサインツもピットに戻ってきました。

最初のタイム計測を終えたマグヌッセンは17番手、マッサは1分31秒台にとどまって最下位の20番手にいます。

スーパーソフトタイヤを履いてプログラムを進めるマクラーレン。バンドールンが8番手、アロンソが10番手のタイムを残していますが、バンドールンはトップから1.4秒、アロンソは1.7秒遅れています。

徐々にピットに引き上がるドライバーが増えています。現時点でコース上は7台。

トップ5はハミルトン、ボッタス、ベッテル、ライコネン、フェルスタッペンのオーダー。

ボッタスがスーパーソフトタイヤに履き替えてガレージを離れました。

ハミルトンも同様に、柔らかいコンパウンドに交換してコースイン。

メルセデスコンビが早速ペースアップを狙っています。

ハミルトンが1分28秒063をマーク! ボッタスに0.764秒のリードを築きました。

お、フェラーリのベッテルが好タイムを刻んできそうです。セクター1とセクター2を通過して全体のベストタイム。

セクター3は自己ベストにとどまり、タイムは1分28秒214、ハミルトンに0.032秒届きませんでした。

ライコネンも新しいスーパーソフトタイヤを履いてコース上。

セッションがちょうど半分の30分を過ぎ、スーパーソフトを使った予選シミュレーションに励む陣営が増えています。

ハミルトンとベッテルは走行を続けていますが、ボッタスとライコネンのフィンランド勢はピットに戻っています。

ザウバーのエリクソンが1分30秒630の自己ベストを刻んで14番手にポジションアップ。

もう一台のザウバーを駆るウェーレインもペースアップに成功し、チームメイトに0.005秒差の15番手に並びました。

トップ3が0.08秒差以内に並ぶ大接戦の展開。中団グループも同じ状況で、8番手にいるバンドールンと9番手オコンは0.009秒差、10番手のペレスと11番手のアロンソも0.038秒差と超接戦です。

ルノーのジョリオン・パーマーが自己ベストをマークして10番手に上がりました。その直後、マッサが1分29秒台に入れて8番手にポジションアップ。これでパーマーは11番手に下がります。

現時点でトップ6に並ぶハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネン、ヒュルケンベルグ、リカルドはガレージ内。

7番手にはグロージャンが並び、フェルスタッペンは8番手、トップからは1.8秒遅れていますが、まだソフトタイヤで走っただけです。

そのフェルスタッペンがスーパーソフトタイヤを履いてコースに入りました。

サーキット全体が霧に包まれてきました。路面も濡れており、一部はダンプ路面が確認されています。

コースに出ていた各車がピットに引き上げ始めました。スーパーソフトタイヤを履いたばかりのフェルスタッペンはコースにとどまり、周回を重ねています。

フェルスタッペンがコースを飛び出してしまったようです。「忘れて、忘れて。雨降ってんだから」と無線報告。

全車がピットに戻ってきました。セッションの残り時間は15分を切っています。

サーキットには今日もたくさんのファンが詰めかけています。初日に比べるとかなり寒そうで、厚手のジャケットを羽織る人も多くいます。

残り時間10分を切ってマクラーレンのガレージからバンドールンが出てきました。

バンドールンは雨天用のインターミディエイトタイヤを履いています。

その他の陣営に動きはなく、ガレージやピットウオールでバンドールンの様子を見守っています。

バンドールンがピットに帰還。どうやらトラブルが解決したかどうかを確認したかったようで、「こちらからはすべて問題なさそうだ」と言うチームに対し、バンドールンは「ドライビングも問題なし」と返答していました。

コックピットで待機するドライバーもちらほらいますが、まだ動きは見られません。

レッドブルのガレージからインターミディエイトタイヤを履いたフェルスタッペンが出陣。

トロ・ロッソのクビアトとザウバーのエリクソンが合流。

さらにサインツも加わり、ハミルトンやボッタスら他のドライバーもガレージを離れていきます。

おっと! リカルドがスピン! 最終コーナーでコントロールを失い、スピンを喫しましたが、幸い、ウオールとの接触は免れ、無事に走行を再開しています。

最後は全車がコースに出揃い、すべてのドライバーがインターミディエイトタイヤを履いています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

またも1台コースを飛び出しています・・・。今度はザウバーのエリクソン。グラベルにはまりましたが、無事に脱出してコースに復帰しました。

ハミルトンもワイドに膨らんでしまったようです。

最後はウエットコンディションになってしまったシルバーストーン。最後のフリー走行は1分28秒063を刻んだハミルトンがトップに立ち、0.032秒差でベッテルが2番手、3番手のボッタスもハミルトンからは0.074秒しか遅れていません。

予選はこの後、日本時間21時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!