30秒ごとに更新されます

さて、当初の予定ならばF1サーカスは次にドイツに向かうはずでしたが、サーキットとのレース開催契約がまとまらず今年のカレンダーからドイツGPの名前が消えました。よって次にF1一行が集結するのは3週間後のハンガリーとなります。夏休み前の重要な一戦となるシーズン第10戦ハンガリーGPは24日(金)に開幕し、初回セッションは日本時間17時にスタートする予定です。それではまた次回ハンガリーGPでお会いしましょう!

52周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました! スタートではマッサに先行されましたが、コンディション変化の中でリードを取り戻し、あとはチェッカーを目指すのみ。

後続のロズベルグとベッテルも慎重にマシンを操っています。

ハミルトンがチェッカーを受けました! イギリス人ドライバーによりイギリスGP優勝です!

ロズベルグが2位、ベッテルが3位で表彰台をゲット。序盤は優勝のチャンスも得たウィリアムズ勢でしたが、マッサが4位、ボッタスが5位でゴールしています。

6位以下の入賞はクビアト、ニコ・ヒュルケンベルグ、ライコネン、ペレス、アロンソが10位で1点を獲得しました。

他に完走は11位エリクソン、12位メルヒ、そしてスティーブンスはウオールにフロントウイングをぶつけた後、なんとかピットに戻ってレースを続行、13位で完走を果たしました。

リタイアはサインツ、リカルド、フェルスタッペン、パストール・マルドナド、グロージャン、バトン、ザウバーのナッサーはギアボックスでスタートラインにつけませんでした。

51周目

ハミルトンとロズベルグは11秒以上のギャップがあるため、残り周回数を考えると逆転は難しそうですが、それでも何があるか分からないのがF1レース!

50周目

サーキット上空に青空が見え始めました。

49周目

タイヤ選択の判断を誤った感のあるザウバーはエリクソンが11番手に下がり、メルヒが12番手。スティーブンスも必死にレースを続けていましたが、先ほどルフィールドでウオールに突進し、レースを終えました。

フェラーリがライコネンをピットに呼びました。2セット目のインターミディエイトタイヤを投入。

48周目

ハミルトンとロズベルグのメルセデス勢から16秒離れているものの、ベッテルが3番手に上がり、マッサが4番手、ボッタスが5番手に下がっています!

ポイント圏内にいるのはクビアト、ニコ・ヒュルケンベルグ、ライコネン、ペレス、アロンソです。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 観客に手を振るウィル・スティーブンス(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) シルバーストーンに詰めかけた大観衆(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日)
  • F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日)
  • F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日) F1 Beauty in イギリスGP(イギリスGP/シルバーストーン、2015年7月5日)