マックス・チルトン  イギリス

driver portrait
2014年の世界選手権
# Grand Prix Circuit Date Car Pos Pts Qual FL
1 オーストラリア アルバート・パーク 3月16日 マルシャ (MR03) 13 17
2 マレーシア セパン 3月30日 マルシャ (MR03) 15 20
3 バーレーン サヒール 4月6日 マルシャ (MR03) 13 21
4 中国 上海 4月20日 マルシャ (MR03) 19 21
5 スペイン カタロニア 5月11日 マルシャ (MR03) 19 17
6 モナコ モナコ 5月25日 マルシャ (MR03) 14 19
7 カナダ モントリオール 6月8日 マルシャ (MR03) - 18
8 オーストリア シュピールベルク 6月22日 マルシャ (MR03) 17 21
9 イギリス シルバーストーン 7月6日 マルシャ (MR03) 16 17
10 ドイツ ホッケンハイム 7月20日 マルシャ (MR03) 17 21
11 ハンガリー ハンガロリンク 7月27日 マルシャ (MR03) 16 18
12 ベルギー スパ 8月24日 マルシャ (MR03) - 19
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2013 Marussia 19 19 0 0 19 14 0 0 16 0 0 0 -
2014 Marussia 11 11 0 0 10 13 0 0 17 0 0 0 -
Total 30 30 0 0 29 13 0 0 16 0 0 0
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 2013年3月17日 レース結果
ラストレース ハンガリーGP ハンガロリンク 2014年7月27日 レース結果
プロフィール
© Sutton Images

カーリンのオーナーである父と世界ツーリングカー選手権に参戦する兄を持つチルトンはモータースポーツでのキャリアを追い求めることに終始してきた。10歳からカートのレースで戦い、14歳にして次のステップであるイギリスTカー選手権に進むと、2006年には7勝を挙げてランキング2位の結果を残す。

16歳でイギリスF3に活躍の舞台を移し、3年目に5回の表彰台と最終戦ブランズハッチでの優勝を決めてランキング4位に。2010年、19歳の若さでGP2にステップアップすると、参戦初年度はオーシャン・レーシング・テクノロジーで3ポイント、カーリンに移籍した次年度は4ポイントの獲得にとどまったものの、チーム在籍2年目には2勝と4回の表彰台で選手権4位に入っている。

2011年にフォース・インディアのテストに参加したチルトンは、2012年にもカーリンとマルシャのつながりから恩恵を受けてシルバーストーンで実施された若手ドライバーテストに加わった。ここでチームへの印象付けに成功したチルトンは、シンガポールでのGP2シーズン閉幕後にマルシャのリザーブドライバーに指名される。アブダビGP金曜フリー走行1回目でF1公式セッションのデビューを飾った。この年にマルシャドライバーだったシャルル・ピックがケータハムへ移籍するのを受け、父グレアムが副会長を務める『Aon(エーオン)』のサポートと共に2013年はマルシャのレースドライバーに昇格している。

チームメイトのジュール・ビアンキが好スタートを切ったために苦境に立たされたチルトンだが、安定した走りで完走を続けていく。モナコGPではパストール・マルドナドとの接触に僚友ビアンキをも巻き込んだものの、チルトンはこのときも運を味方につけてチェッカーフラッグを受けた。シーズンが進むにつれてビアンキとの差は縮まり、2014年には不変のラインアップを形成する一人としてマルシャでレースを続ける。

【長所と短所】

2012年のGP2で4位に入ってその力を証明したものの、カートを含めた各カテゴリーでタイトル獲りの経験はない。一つには父の財政的支援を得てレース界の階層を駆け上がってきたせいでもあるが、F1で進歩を続けるためにはマルシャで才能を示す必要があるだろう。

【キャリア最高の瞬間】

2012年に初開催されたGP2シンガポールGPで優勝したこと。この勝利が周囲の批判をだまらせ、マルシャが2013年にチルトンと契約を結ぶ理由を追加した。

【キャリア最低の瞬間】

新しいレースカーでのテスト初日にクラッシュし、理想的とは言えないF1キャリアのスタートとなったこと。ただし、原因はサスペンションのトラブルであって、ドライバーのミスではない。

【注目のコメント】

F1シート獲得のための資金調達について。
「父には"可能な限り高いところへ行かせてやるが、F1は無理だ"といつも言われていた。僕は父ならもっとできたはずだと確信しているけれど、彼はそれを望んでいない。彼はなんとか2つのスポンサーを見つけてくれた」

「自分自身で覚悟を決めてからじゃなきゃF1にはステップアップできない。僕はこの2年で本当に自信が高まったし、自分にスピードがあることを示したと思っている」

【トリビア】

チルトンの兄トムは父のビジネスが支援するチームで世界ツーリングカー選手権に参戦している。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年8月22日

ピットウオールでセッションを見守るチルトン

2014年7月25日

白煙の上がるチルトンのマシン

2014年7月25日

後部から炎が見えるチルトンのマシン

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ