シンガポール市街地サーキット RSS


シンガポール・シンガポール

  • サーキットタイプ Street
  • コース全長 5.073kms
  • コーナー数 23
  • 周回方向 反時計回り
  • 観客収容人数 110,000
  • 設立年 2008
データ
レース 開催日 優勝
初開催 シンガポールGP 2008年9月28日 フェルナンド・アロンソ (ESP) レース結果
ラストレース シンガポールGP 2014年9月21日 レース結果
グランプリ開催数 7*
次回開催 シンガポールGP 2014年9月21日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

1960年代後半と1970年代前半に非選手権を開催したことはあるものの、1974年以降、シンガポールでレースが行われることはなかった。

F1グランプリ開催のニュースは2007年末に公表されたが、ファンのリアクションは悲喜こもごも。しかし、FIAがヨーロッパのファンが容易にテレビ観戦できるようにと、F1史上初のナイトレース開催を発表すると、ファンの興奮は高まる一方だった。

観客にナイトレースの壮観を与えつつ、マリーナベイに位置する市街地を用いた非常設サーキットには、日中と同様の明るさをもたらすため、革新的な照明技術が投入されている。

初開催となった2008年はルノーのフェルナンド・アロンソが優勝。しかしながら、それから約1年後、ルノーを解雇されたネルソン・ピケJr.が、2008年シンガポールGPでチームメイトの勝利を助けるため意図的にクラッシュしたことを暴露した。アロンソの初代優勝者としての名誉は、いわゆる"クラッシュゲート"騒動によって損なわれてしまう。

2009年のレースに先だって、オーバーテイク増加を目指して最初の3コーナーが修正され、前年に事故の多かったターン10には高さのある縁石が設けられた。2011年にはフリー走行中に縁石が損傷するトラブルが発生。一部のコーナーでは縁石を撤去し、赤白のペイントが施されている。

また、2013年にはドライバーから不評を買っていたターン10が、3パートから成る3つのシケインから高速の左コーナーに改修された。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年9月19日

照明の下を駆けていくマルドナド

2014年9月19日

夕闇の中を疾走するハミルトン

2010年9月24日

FP1時のシンガポール市街地サーキット

2010年9月23日

F1サーカスを迎えたウエットの路面

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ