ドイツGP

/ News

  • ドイツGP - 決勝

優勝はハミルトン! 可夢偉は9位

Kay Tanaka
2011年7月24日 « バリチェロはKERS非搭載でレースへ | ブルーノ、ハンガリーでフリー1回目に抜擢 »
スタートでトップに躍り出たハミルトン © Getty Images
拡大
関連リンク

24日(日)日本時間21時から2011年F1世界選手権第10戦ドイツGPの決勝レースが、ニュルブルクリンク(全長5.148km)で行われた。決勝の周回数は60周、レース距離は308.641kmだ。

前日の公式予選ではマーク・ウェバー(レッドブル)が今シーズン3回目、2戦連続となるポールポジションを獲得。2番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)が飛び込み、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)は3番手だった。小林可夢偉(ザウバー)は予選Q2に進出することができなかったが、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)が技術レギュレーション違反で予選結果から除外されたために17番手に繰り上がった。ブエミはレース出走が認められ、24番グリッドからスタートすることとなった。

レーススタート直前に鉛色の空から雨粒がポツポツ落ち始める展開となったニュルブルクリンクの気温は13℃、路面温度は15℃、湿度は75%。タイヤサプライヤーを務めるピレリは、ソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とミディアムコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入している。

24台のマシンがダミーグリッドを離れてフォーメーションラップを開始。雨はほとんど降らない状況となったために全車がオプションを装着した。

各車がスターティンググリッドについたところでレースがスタート! ハミルトンが抜群の転がり出しにより先頭でターン1を通過しウェバーが続いたが、ベッテルはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)にかわされて4番手。可夢偉は12番手までジャンプアップを果たした。11番手スタートのニック・ハイドフェルド(ルノー)はセクター1でポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)と接触したためにポジションを落とし、23番手で1周目を終えている。

3周目にベッテルがアロンソをオーバーテイクし、3番手に浮上。そのベッテルは3周目に1分38秒322というファステストラップを刻んで2番手ウェバーとの差を詰めたが、翌周にはウェバーがファステストラップをマーク。コンディションはドライになっているため、この周から前車とのギャップが1秒以内の場合に限りDRS(ドラッグ・リダクション・システム/可変リアウイング)の使用が許可。ターン11からターン13までのバックストレート区間がDRSゾーンだ。可夢偉はルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)をかわし、11番手に浮上した。

8周目のターン1でアロンソがベッテルに仕掛け、インを突いてオーバーテイク! 3番手を取り戻した。ベッテルはアロンソを追いかけていた9周目にターン10でハーフスピンを喫し、ランオフエリアを使って何とかコースに戻ったものの、5番手のニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)にかなり接近される展開に。ロズベルグもペースが上がらないため6番手のフェリペ・マッサ(フェラーリ)はなかなか前に出られず、後ろのエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)やミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)が近付く状況だ。同じように後方集団をフタしてしまっているのが9番手のヴィタリー・ペトロフ(ルノー)。これにより11番手の可夢偉は10番手を走るジェンソン・バトン(マクラーレン)に接近した。

DRSゾーンの先であるターン13でハイドフェルドがコースオフ! ブエミにオーバーテイクを仕掛けたが両者は接触し、ブエミは右リアタイヤのパンクチャーに見舞われたがハイドフェルドはフロントウイングが吹き飛んでしまい、グラベル上でリタイアとなった。ブエミは緊急ピットストップを行い、走行を続けた。また、マッサがロズベルグをターン1で料理し5番手に浮上した。一方、先頭のハミルトンはハイドフェルド車の撤去によって黄旗区間となった最終シケインでかなりペースを落としたが、黄旗区間が終了したシケイン直後にウェバーがパス。トップを手にしたが、ホームストレートでハミルトンが抜き返して先頭を取り戻した。2台がバトルする間にアロンソが着々とギャップを縮め、3台が1秒以内にひしめく激しい首位争いとなった。

ウェバーはリアタイヤがかなりルーズな状態となったことで、14周目の終わりにピットイン。ハミルトンとアロンソはこれに反応せず、コースにとどまった。ウェバーはスーティルの後ろとなる6番手でコースに戻っている。メルセデスGP勢もピットストップを行った。

先頭のハミルトンとアロンソは同時ピットストップを実施したが、コース復帰直後にマッサとウェバーの争いに巻き込まれ、結果としてウェバーが首位に浮上! 2番手にハミルトン、3番手にアロンソという序列に変わり、マッサはピットストップでベッテルを逆転した。24周目には9番手を走っていたシューマッハがターン10でスピン! これで11番手まで落ち、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)を抜いた可夢偉が背後に迫ることになった。

24周目の終わりにバトンがピットストップを行い、上位勢がすべてタイヤ交換を実施。先頭ウェバー、2番手ハミルトン、3番手アロンソ、4番手マッサ、5番手ベッテル、6番手ロズベルグ、7番手スーティル、8番手バトン、9番手シューマッハ、10番手可夢偉と続いた。可夢偉はシューマッハの0.5秒差まで詰めたが、メルセデスGPはトップスピードで勝ることもあり、なかなかオーバーテイクすることができない。

先頭争いをするウェバー、ハミルトン、アロンソの3台は、4番手マッサに20秒以上の差をつける異次元の戦いを繰り広げた。2回目のピットストップはウェバーから行い、ハミルトンが続いたが、ピットアウト直後にハミルトンがウェバーをパス! その周で2台がポジション争いを繰り広げたことでタイムロスしたこともあり、遅れて32周目にピットストップを実施したアロンソは先頭でコースに戻った。しかし、タイヤの温まりの悪さもあってターン2でハミルトンにオーバーテイクされてしまい、3番手ウェバーからのプレッシャーにもさらされることとなった。

ロズベルグをコース上でオーバーテイクして6番手に浮上したバトンは、36周目にハイドロリック系のトラブルに見舞われた。そのためチームからガレージに戻ってリタイアするようにと告げられ、マシンを降りている。これで2戦連続のリタイアとなり、チャンピオンシップ争いを考えるとかなり厳しい結果になってしまった。

レースは45周目。ハミルトンは首位をキープし、2番手アロンソに3秒差を築いた。3番手ウェバーはアロンソから5.5秒後方となったが、4番手のマッサまでは37秒という大差がある。そのマッサに対してはベッテルが再三攻撃を仕掛け、接近してプレッシャーを与え続けている状況だ。

トップのハミルトンは51周目の終わりに最後のピットストップを実施し、ここでプライムにスイッチ。アウトラップの第2セクターでタイムが上がらなかったことでタイヤの温まりに苦労していると判断したフェラーリ陣営はアロンソのピットストップを遅らせたが、逆転はならなかった。暫定で首位に立っていたウェバーは57周目の終わりにピットに入り、ハミルトンとアロンソに次ぐ3番手でコースに戻っている。

4番手争いを繰り広げるマッサとベッテルは最後のピットストップをファイナルラップの前に行うと決断。同時にピットストップを実施したが、ベッテルのピット作業のほうがわずかに速く、ピットレーンで逆転! 4番手に浮上した。

先頭のハミルトンはしっかりポジションをキープし、トップチェッカー! 中国GP以来となる今シーズン2勝目をマークした。2位にアロンソ、3位にウェバーが入り、ベッテル、マッサ、スーティル、ロズベルグ、シューマッハ、可夢偉、ペトロフまでが入賞圏内。ベッテルが表彰台フィニッシュを逃したのは2010年韓国GP以来のことだ。

また、スローダウンラップでガス欠になったアロンソはマシンをコース脇に停車。後続のウェバーのマシンに乗せてもらい、パルクフェルメまで戻って来るという珍しいシーンが見られた。

完走は20台。リタイアとなったのはビタントニオ・リウッツィ(HRT)、バトン、バリチェロ、ハイドフェルドの4台だ。

ファステストラップは59周目にハミルトンが刻んだ1分34秒302となっている。

ハンガロリンクが舞台となる次戦ハンガリーGPは来週末に開催される。最初のセッションとなる金曜フリー走行は29日(金)日本時間17時にスタートする予定。公式予選は30日の日本時間21時から、決勝レースは31日の日本時間21時から行われる予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.