ドイツGP

/ News

  • ドイツGP - パワーユニット

ノリスとベッテルにペナルティ

M.S.
2019年7月31日 « 大量のタイム抹消、決勝ではトルクのルール違反 | ペナルティポイントの加算者はなし »
© ESPNF1
拡大

シーズン第11戦ドイツGPでは規定数を越えるパワーユニットコンポーネントを使用したフェラーリのセバスチャン・ベッテルとマクラーレンのランド・ノリスにペナルティが科された。

ただし、ベッテルはトラブルによるノータイムで予選を終えているため、実際の影響はなかった。

ドイツGPの初日にはフェラーリのシャルル・ルクレールと、フェラーリエンジンユーザーであるハースF1とアルファロメオ・レーシングの各2台がMGU-Kを交換。また、フェラーリはベッテルとルクレールのエナジーストアも新しくした。

翌日にはアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが内燃機関とターボチャージャー、MGU-Hを3基目にし、マクラーレンのノリスがMGU-Kとエナジーストアを交換している。

また、ノリスとフェラーリのベッテルが1シーズンあたり2基までの使用が許可されているコントロールエレクトロニクスを3基目にし、ペナルティを言い渡された。

昨年に続き、2019年もドライバーあたり内燃機関、MGU-H、ターボチャージャーが年間3基、エネルギー貯蔵装置、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kが年間2基まで使用可能。それを越えて新しいエレメントを搭載する場合はグリッド降格のペナルティが科される。

オーストラリアGP:昨季と同様のルールで新シーズンがスタート
バーレーンGP:サインツが4コンポーネントを2基目に
中国GP:複数のドライバーが2基目を投入
アゼルバイジャンGP:第4戦で今季初のペナルティ
スペインGP:4基目投入でペナルティを科されたヒュルケンベルグ
モナコGP:フェラーリカスタマーが新エンジン投入
カナダGP:メルセデス勢が「フェーズ2」を投入
フランスGP:Hondaがスペック3を投入
オーストリアGP:2台のエンジンが5基目に
イギリスGP:ハミルトン、ベッテルらがMGU-Kを交換

© ESPN Sports Media Ltd.