ドイツGP

/ News

  • ドイツGP - 決勝

アロンソ勝利でフェラーリ1-2! 可夢偉11位

Kay Tanaka
2010年7月25日 « フェラーリの復活を予想するウェバー | ドイツでチームオーダー問題が浮上 »
開幕戦以来の勝利を手にしたアロンソ © Getty Images
拡大
関連リンク

25日(日)日本時間21時(現地時間14時)から2010年F1世界選手権第11戦ドイツGP決勝レースが、ホッケンハイムリンク(全長4.574km)で行われた。レース周回数は67周、レース距離は306.458kmとなっている。

前日に行われた公式予選では、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が3戦連続のポールポジションに輝いた。これでレッドブルは今シーズン10回目のポールを手にしている。2番手にはフェルナンド・アロンソ、3番手にフェリペ・マッサというフェラーリ勢がつけ、マーク・ウェバー(レッドブル)は4番手だった。小林可夢偉(BMWザウバー)は12番手、2戦連続でレースドライバーに選ばれた山本左近(HRT)は23番手だった。

レーススタート時のコンディションは気温21℃、路面温度33℃のドライ。今週末のドイツGPにブリヂストンはスーパーソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とハードコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)というスペックが最も離れた2種類のタイヤを投入した。

24台のマシンがダミーグリッドを離れてフォーメーションラップを開始。トップ10を含め上位勢はオプション、下位勢はプライムを履いてのスタートを選ぶマシンが多い。

各車グリッドについてシグナルが点灯し、ブラックアウトでレーススタート! フェラーリ勢の転がり出しがよく、ポールのベッテルはアロンソをけん制するが、そのスキをついてマッサがトップに躍り出て、アロンソが2番手、ベッテルが3番手で第1コーナーを通過した。

バックストレートエンドのターン6でルイス・ハミルトン(マクラーレン)がウェバーをかわし、4番手に浮上。一方、可夢偉も10番手にポジションを上げた。後方ではエイドリアン・スーティル、ビタントニオ・リウッツィ(ともにフォース・インディア)、ハイメ・アルグエルスアリ、セバスチャン・ブエミ(ともにトロ・ロッソ)に接触があり、1周目終了後にピットイン。ブエミはレースをあきらめ、ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)もスローダウンしたためにピットに戻ったが、再びコースイン。しかしペースが上がらず、再度ガレージに入った。

しかし、ここでフォース・インディアが致命的なミスを犯す。2台同時にピットインしたことによってメカニックがミスし、プライムに履き替えたスーティルの左リアタイヤをリウッツィのオプションに、オプションに履き替えたリウッツィの左リアタイヤをスーティルのプライムに交換してしまったのだ。これによって再び2台がピットインを余儀なくされた。

先頭のマッサは好タイムを刻んで2番手アロンソや3番手ベッテルとのギャップを広げるが、特に4番手のハミルトンがトップ3についていけず。そのハミルトンにウェバーが抑えられ、その後ろのジェンソン・バトン(マクラーレン)、ロバート・クビサ(ルノー)のペースにミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)が付き合わされる格好だ。9番手のニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)の真後ろには可夢偉がつけ、オーバーテイクチャンスを狙った。

12周を終えたところでベッテルがピットに入り、プライムタイヤに変更。翌周にはアロンソとウェバーも入り、アロンソはベッテルの前、ウェバーは可夢偉の前でコースに戻った。そして14周目の終わりにマッサとハミルトンがピットストップを行い、マッサはアロンソの前、ハミルトンはロズベルグの前で隊列に戻った。シューマッハとルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)も同じ周回にピットインしている。さらに可夢偉も続いた。

21周目には3番手アロンソが周回遅れをかわすタイミングで2番手マッサに仕掛けるが、オーバーテイクはできない。その間にも、まだタイヤ交換を行わずオプションを履く先頭バトンがペースを維持し、マッサとのギャップを3秒に広げた。そのバトンは22周目の終わりにピットに入り、ハミルトンの真後ろとなる5番手でコースに復帰。ピットストップのタイミングを遅らせることでウェバーらをかわすことに成功した。

その後はコース上で順位変動が少なかったが、可夢偉がヴィタリー・ペトロフ(ルノー)にバックストレートでオーバーテイクされ、13番手にポジションを落とした。一方、まだピットに入らずプライムで走り続けたデ・ラ・ロサが同じ状況のニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)をパス。また、3回目のピットストップを行ってオプションに履き替えたスーティルが自己ベストタイムをたたき出した。

レースが40周を過ぎると、2番手アロンソが3番手マッサとのギャップを縮め始める。これを見てフェラーリ首脳陣はマッサに「君よりアロンソのほうが速いタイムで走っている」と告げ、49周目にマッサがターン6の先でアロンソを先に行かせた。これで首位がアロンソとなり、2番手マッサ、3番手ベッテルというオーダーになった。

52周目の終わりにデ・ラ・ロサが1回目のピットストップを実施。オプションタイヤを履いて隊列に戻り、コース上でヒュルケンベルグをオーバーテイクし、その後はルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)を追いかけた。

55周目には首位アロンソがファステストラップをたたき出したが、56周目には3番手ベッテルが1分16秒536を刻んで塗り替えた。一方、ペースを上げていたデ・ラ・ロサはターン6の飛び込みで周回遅れのヘイキ・コバライネン(ロータス)と接触! これで左側のフロントウイング翼端板を壊したデ・ラ・ロサは緊急ピットインを行ってノーズを変更。さらにタイヤをプライムに戻してコースに戻った。

その後はコースでの順位変動はなく、首位アロンソが66周目に1分15秒880というファステストラップをマーク。そのままトップチェッカーを受け、通算23勝目、今シーズン2勝目を手にした。2位にマッサが続いてフェラーリが1-2フィニッシュを達成、3位のベッテルはファイナルラップに1分15秒824というファステストラップを刻んでいる。

可夢偉は入賞圏争いを繰り広げたものの、惜しくも11位で3戦連続入賞を逃した。一方、山本左近(HRT)はレース中盤にリタイアを喫している。左近を含め、5台がリタイアとなった。

第12戦のハンガリーGPは来週末にブダペストのハンガロリンクで開催される。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は30日(金)の日本時間17時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.