ドイツGP

/ News

  • ドイツGP

継続には満員の観衆が必要とホッケンハイム

Me
2015年7月16日 « フェラーリ失速でアリソンの契約に注目 | ヨス、フェラーリのうわさを否定 »
© Sutton Images
拡大

来年のドイツGPで十分な観客を動員できなかった場合、イベントがカレンダーから消えてしまう可能性があるとホッケンハイムがF1ファンに必死で訴えている。

ドイツGPはニュルブルクリンクとホッケンハイムの交互開催という契約だが、今年のイベント――本来はニュルブルクリンクの番――は新しいサーキットオーナーがバーニー・エクレストンと条件面で同意できなかったことから中止されてしまった。代わりに開催する交渉をホッケンハイムも始めたが、交渉はなかなかまとまらず、イベントの十分な宣伝に必要な時間はなくなってしまった。

2016年のカレンダーにはドイツラウンドとしてホッケンハイムの名が記されている。しかし、2014年の決勝日の観戦者数は5万人と低迷しており――このような数字が再び繰り返されるようなら、それはドイツGPの終わりを意味するとオーガナイザーは危機感を抱く。

「来年は大入りでなければならない。F1の未来のためにはそれが必要だ」とホッケンハイムのマネジングディレクター、ゲオルグ・サイラーは『DPA(ドイツ通信社)』に述べた。「どうしてもファンに伝えなければならない。来年のレースに来て、ホッケンハイムでのF1の未来を守ってほしい」

© ESPN Sports Media Ltd.