ドイツGP

/ News

© Associated Press
拡大
関連リンク

F1統括団体であるFIAは2015年F1カレンダーからドイツGPを除外した。

ニュルブルクリンクとホッケンハイムの双方ともにバーニー・エクレストンと新契約の交渉を続けてきたが、今季のレースを開催するには時間切れとなり、いずれのサーキットもドイツGPを主催しない意向を示していた。

20日(金)にジュネーブで開かれた世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会合を終えて、FIAは「ドイツGPはCRH(商業権保有者)とプロモーターが合意に達しなかったため、取りやめとなった」と説明している。

この結果、今季のカレンダーは20戦から19戦に減少。ドイツGPが予定されていた7月17日(金)から19日(日)の日程は空白となる。

ドイツがF1を開催しないのはニュルブルクリンクでF2レースしか行われなかった1960年以来だ。

ドイツGPはニュルブルクリンクとホッケンハイムが交替開催しており、ドイツの『Bild(ビルド)』紙は2016年のカレンダーにはホッケンハイムが含まれる予定と伝えている。

© ESPN Sports Media Ltd.