ドイツGP

/ News

  • ドイツGP

ドイツGPの交渉を続けるエクレストン

M.S.
2015年2月9日 « カメラマンがフェラーリのペイントに驚嘆 | ブルーノ、マクラーレンGTと契約 »
開催が危ぶまれているドイツGP © Getty Images
拡大
関連リンク

2015年ドイツGPの命運はまだ尽きていない。

1週間前、バーニー・エクレストンはドイツのメディアに対し、同国は今年のスケジュールから外れるだろうと語った。

その後すぐにこの発言を取り消したエクレストンだが、財政難に陥ったニュルブルクリンクも、もう一つのドイツGP開催地であるホッケンハイムも、今のところ7月にレースを開催する契約を有していないのは事実だ。

メルセデスの非常勤会長であるニキ・ラウダは「すべてがただの脅しであることを願っている」と話していた。

実際、エクレストンとドイツの2つのサーキットのいずれもが、まだあきらめていないようだ。

『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば、エクレストンは先週5日(木)にパリで開かれたストラテジー・グループのミーティングにて、残された時間は刻々と減っていくものの、交渉はまだ続いていると話したという。

特派員のミハエル・シュミットはさらに「エクレストンはキャンセルになった場合に代替レースがないことも明確にした。その場合はカレンダーに19戦しか含まれない」とつづった。

『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』はドイツがホームレースのメルセデスが救い手になるかもしれないと見ている。

同誌の考えでは、ワールドチャンピオンチームであるメルセデスがエクレストンの要求するレース開催費とホッケンハイムが予測する損失の差を埋め合わせることができるという。

また、ニュルブルクリンクのスポークスマンであるカルステン・シューマッハが『DPA通信』に「モータースポーツファンと地域の利益のために、われわれは喜んで妥当な損失を受け入れよう」とコメントしている。

一方、ラウダはなぜドイツのプロモーターがレースを開催するのが困難なのか理解できずに当惑していると話した。

「実際のところ、今年は容易なはずだ。一つにはフェラーリにベッテルがいて、他方でメルセデスドライバーの対決がある」

「オーストリア、シンガポール、オースティン、シルバーストーンが満員にすることができるなら、ホッケンハイムにも同じことが可能なはずだ」とラウダは続けた。

© ESPN Sports Media Ltd.