ドイツGP

/ News

  • ドイツGP

エクレストン、ドイツGP不在なら「悲しい」

M.S.
2015年2月3日 « 第一印象は良いとナッサー | ウォルフ、ドライバーに「ハーモニー」を期待せず »
レース開催が困難なニュルブルクリンク © Associated Press
拡大
関連リンク

今年のドイツGPの命運がいまだ不確かな中、地元ドイツではバーニー・エクレストンが7月のスケジュールをあきらめたと模様だと報じている。

ニュルブルクリンクの所有者がトラブルの中にあり、ホッケンハイムが2015年に代わって開催する契約に合意していない今、『Rhein Zeitung(ライン・ツァイトゥン)』紙は2日(月)にF1最高権威のエクレストンが「ドイツにF1レースがないという見込みに、私はファンと同じくらい悲しんでいる」と語ったと伝えた。

しかし、このコメントが報じられてからわずか数時間でエクレストンは前言を撤回し、『Bild(ビルド)』紙に「われわれはこれを守ろうと努力しているが、良い状況には見えない」と話している。

© ESPN Sports Media Ltd.