ドイツGP 2014

/ Commentary

レース

20:30 2014年F1世界選手権第10戦ドイツGP決勝レースはこの後日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみくださいただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

20:50 これより2014年F1世界選手権第10戦ドイツGP決勝レースの模様をお届けいたします。土曜日の予選は優位を誇るメルセデスのルイス・ハミルトンがQ1で右フロントブレーキディスクの故障によりクラッシュを喫する波乱の展開に。

20:51 赤旗中断に見舞われたQ1を経て、最終的には母国グランプリに挑むメルセデスのニコ・ロズベルグが1分16秒540を刻んでポールポジションを獲得しています。ハミルトンはクラッシュ前に記録していたタイムでQ1を突破したものの、以降のセッションには参加できず16番手で予選を終えました。

20:52 ロズベルグに0.2秒差の好タイムをマークしたバルテリ・ボッタスがフロントローにつけ、もう一台のウィリアムズを駆るフェリペ・マッサが3番手に入っています。

20:53 ジェンソン・バトンがQ2で姿を消す一方、トップ4入りを果たしたのがマクラーレンを駆るルーキーのケビン・マグヌッセン。メルセデスエンジンを積むマシンが前方2列に並ぶことになりました。

20:55 レッドブルはダニエル・リカルドとセバスチャン・ベッテルが5番手と6番手のタイムを記録。フェラーリはフェルナンド・アロンソが7番手に食い込みましたが、キミ・ライコネンは0.1秒足りずにQ2敗退を喫しました。

20:56 他に予選でトップ10に名を連ねたのはトロ・ロッソのダニール・クビアト、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスでした。

20:57 予選14番手だったザウバーのエステバン・グティエレスは前戦イギリスGPで発生した他車との接触の責任を問われ、今週末に3グリッド降格処分を受けています。これにより15番にグリッドが繰り上がっていたハミルトンですが、予選のアクシデントで受けたダメージによりギアボックスを交換したため、5グリッド降格ペナルティを受けて20番グリッドに着くことになりました。ハミルトンはレースに先だってブレーキも交換していますが、この作業に対するペナルティは免れています。

20:58 ケータハムは小林可夢偉が20番手タイムを残すも、マーカス・エリクソンは土曜フリー走行中に見舞われたハイドロリックトラブルの修正が間に合わずQ1で走れませんでした。フリー走行でのタイムが考慮され、レースへの出走は認められています。

ただ、エリクソンは予選とレースの間に設けられたパルクフェルメ状態でもマシンに作業をした関係で、ピットレーンスタートとレース開始から3周以内の10秒間ストップアンドゴーという2つのペナルティを科せられました。可夢偉が19番グリッド、エリクソンはピットレーンスタートです。

20:59 間もなくスタート時刻を迎えるホッケンハイム。金曜日、土曜日と好天の暑いコンディションが続いていましたが、日曜日は午前中に雨が降りました。ただ、すでに雨は上がり、路面もドライに乾いています。レース中も降雨があるとかないとか・・・。曇り空の現在、気温は26度、路面温度34度、湿度58%との発表です。

21:00 フォーメーションラップが始まりました。ライコネン、グロージャン、ハミルトンの3名がソフトタイヤをチョイス。それ以外はスーパーソフトコンパウンドを履いています。

21:02 ロズベルグがポールポジションに着きました。いよいよレーススタートです・・・!

1周目

シグナルが消え・・・レースが始まりました! ロズベルグは好発進! ウィリアムズの1台が接触!

マッサです! マッサが他車と接触し、マシンが反転・・・! 無事にマシンは元に戻りましたが、マッサのレースはここで終わり。マッサは自力でコックピットを離れており、ケガはないようです!

セーフティカーが導入されます。

マッサとぶつかったのはマクラーレンのマグヌッセン。マッサはボッタスとポジションを争い、ターン1はボッタスが前で通過するも、インからやってきたマグヌッセンと接触。左後部にぶつかり、その勢いでマシンが反転しました。

2周目

マッサとマグヌッセンの接触により、巻き込まれるのを回避したレッドブルのリカルドが大きくポジションを落としています。

3周目

レースが再開されました! マグヌッセンがピットに入っています。

20番手スタートのハミルトンは現在17番手までポジションを上げています。

4周目

スタート直後のアクシデントでオーダーに大きく変化が。トップはロズベルグで変わらず、ボッタスが続き、ベッテルが3番手、アロンソ、ヒュルケンベルグ、バトン、クビアト、ペレス、ライコネン、スーティルが10番手に浮上しました。

11番手以降はベルヌ、グロージャン、リカルド、グティエレス、マルドナド、ハミルトンが16番手、チルトン、ビアンキ、可夢偉は19番手です。

20番手を走っていたエリクソンが10秒のストップアンドゴーペナルティを消化するためピットへ。オープニングラップのインシデントでダメージを負ったマグヌッセンはソフトタイヤに履き替えて20番手の位置を走っています。

5周目

ハミルトンのゴボウ抜きが始まっています! 先ほどまで16番手にいましたが、マルドナドとグティエレスを料理して今は14番手。次に狙うのはグロージャンです。

6周目

ハミルトンがグロージャンをオーバーテイク! グロージャンはグティエレスにもかわされたようです。順調にポジションを上げていくハミルトンですが、次に前に現れたのはレッドブルのリカルド。これまでとは違って少し手強そうです。

7周目

リカルドの前は1秒前後の間隔でマシンが連なっており、リカルドは前をうかがいながら後ろのハミルトンにも注意しなければなりません。

ハミルトンが接近する中、リカルドはスーティルへの攻撃を強めています。リカルドがスーティルを・・・かわしました! その隙にハミルトンもオーバーテイクを試みましたが、ヘアピンでスーティルと交錯! 幸い、触れたのはわずかだったようで2台ともダメージなどはなさそうです。

8周目

その後、スーティルを追い抜いたハミルトンは再び前のリカルドを追いかけます。

9周目

一方、先頭を走るロズベルグはすでに2番手以降に5秒のリードを築いて独走状態。接近戦を繰り広げているのは5番手のヒュルケンベルグとバトン。2台のギャップは0.7秒しかありません。

そこから3秒後方を走るペレスはクビアトからの猛攻を必死に抑えています。ペースはクビアトの方が速く、ターン8でアウト側からクビアトがオーバーテイクを狙・・・っと接触!

10周目

イン側にいたペレスとクビアトがぶつかり、クビアトがコース外に押し出される格好でスピンを喫しました! クビアトはその後、コースに戻ってレースを続けていますが、多少なりとダメージはありそうです。ペレスは無線でダメージはないと報告しました。

クビアトがピットに向かいます。

11周目

ハミルトンがリカルドのスリップに入る! が、リカルドもこらえる!

ヘアピンでは前のライコネンとペレスも絡んで、数十センチの大接近戦に! 結局、リカルドがライコネンをかわし、7番手からのオーダーはペレス、リカルド、ライコネン、ハミルトンとなりました。ハミルトンは10番手に浮上し、ポイント圏内に入ってきています!

12周目

ペレスを3台が追いかける格好。ペレスのペースに付き合ってしまっているため、ハミルトンの後ろにはベルヌやスーティルも追いついてきています。

13周目

ここでアロンソがピットイン! ソフトタイヤに履き替えてコースへ向かいます。

ヘアピンにかけてのストレートでライコネンがリカルドに並びかけると、そのチャンスを逃さずハミルトンが2台抜き! ヘアピンへのエントリーでハミルトンとライコネンがぶつかり、フェラーリマシンのパーツが一部取れたようです。

14周目

5番手のバトンがピットへ。リカルドとベルヌもタイヤ交換に向かいます。

15周目

ハミルトンがペレスをかわして6番手に上がりました。

ベッテル、ヒュルケンベルグ、ペレスがピットイン。フォース・インディアはダブルピットストップを行っています。

ベッテルはアロンソの前でコース復帰。前のライコネンを含めた3人のチャンピオン対決! 互いにポジションを譲らない激しいバトルが展開されています!

ヘアピンではベッテルの左リアタイヤとライコネンの右フロントタイヤがぶつかる場面も・・・。ライコネンは結局2人に抜かれてしまいました。

16周目

現在のオーダーはロズベルグが先頭、10秒後方にボッタスがいて、さらに13秒後ろになんとハミルトンが!

17周目

ロズベルグとボッタスは最初のピットストップを完了。ラップリーダーを維持したロズベルグの一方で、ボッタスはハミルトンに先行されています。

18周目

まだ一度もピットに入っていないとはいえ、ハミルトンが2番手に浮上してきました!

ロズベルグとハミルトンのギャップは7.5秒、ハミルトンとボッタスは1.5秒差です。3番手から2.8秒後方にベッテル、アロンソ、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、バトン、マグヌッセンが10番手を走ります。

19周目

2番手のハミルトンと6番手のライコネン、9番手マルドナド、12番手グロージャン、15番手ビアンキがスタートと同じタイヤで走り続けています。ハミルトン、ライコネン、グロージャンはソフトタイヤですが、マルドナドとビアンキはスーパーソフトコンパウンドでスタートしています。

お、ここでマルドナドがピットイン。第2スティントにもオプションタイヤを選びました。

20周目

ハミルトンのペースが落ちてきています。ロズベルグやボッタスが1分22秒台なのに対し、ハミルトンは1分23秒台。あっという間にボッタスに追いつかれ、あまり抵抗せずにポジションを明け渡しました。ハミルトンがチームからあまり激しく防御しないように注意を受けた直後のこと。

21周目

ライコネンはここでピットへ。ソフトからスーパーソフトに履き替えてピットアウトします。戻った位置はスーティルの後ろ14番手です。

そのすぐ後ろではクビアトとマルドナドがサイド・バイ・サイドの大バトル中!

22周目

ヘアピンでクビアトをかわしたマルドナドが15番手に上がっています。クビアトはペレスとのポジション争いで接触しており、その影響が出ているのかもしれません。

23周目

ハミルトンはまだピットには向かわず。

ライコネンがグロージャンを追い抜き12番手に上がりました。グロージャンはまだピットに入っておらず、スタートと同じタイヤを吐き続けています。

24周目

グロージャンは続いてスーティルの攻撃を受けています。

12番手に上がったライコネンはさらにペレスを料理!

25周目

ハミルトン同様に1分23秒台のペースにとどまるベッテルに、後方からアロンソが迫ってきました。その差0.9秒。DRSのポジションに入っています。

グロージャンがピットイン。スーパーソフトに履き替えてコース復帰しました。

26周目

これで一度もピットストップを行っていないドライバーはハミルトンだけになりました。ハミルトンにようやくピットインの指示。

おお! ライコネンがマグヌッセンを華麗にオーバーテイク!

27周目

ハミルトンがピットレーンに入ってきました。今回もソフトタイヤを選択。戻った位置はリカルドの後方8番手です。

28周目

ベルヌに5秒間のストップアンドゴーペナルティが科せられました。コースを飛び出してアドバンテージを得てしまったことが問題視されたようです。

おっと・・・グロージャンがターン2でマシンを止めています。さらにフォース・インディアのヒュルケンベルグにもトラブル発生か・・・。

29周目

シャシーのポジション変更をチームから指示されたヒュルケンベルグですが、すでにその位置にしてあったようでさらなる指示をチームから受けています。ヒュルケンベルグは1分24秒台のペースで現在5番手を周回中。

30周目

ハミルトンがヘアピン後にリカルドをオーバーテイク! リカルドが抜き返そうとしましたが、ハミルトンが前をキープしています!

マグヌッセンがピットに入りました。

31周目

バトンを追いかけるハミルトン。ヘアピンのインを突いたものの、バトンと交錯! わずかながら接触しています。バトンは右側のボディに、ハミルトンはフロントウイングの左側がぶつかったように見えました。

ハミルトンはフロントウイングにダメージを負っているようですが、バトンを追い抜き、6番手に上がりました。

32周目

バトンがピットに入ります。ソフトタイヤに履き替えてピットアウト。

33周目

メルセデスはハミルトンの戦略を練り直すようです。レースは前半が終わり、ここから後半に入っていきます。現在、ハミルトンは6番手につけており、5番手のヒュルケンベルグに攻撃中。

ヘアピンへの飛び込みでインを突き、ヒュルケンベルグへの追い抜きを成功させました。

34周目

パフォーマンスが足りないと訴えるライコネン。フェラーリが必死になだめています。

35周目

ベッテルがピットへ。ソフトからスーパーソフトに交換します。

ライコネンもタイヤ交換に向かいました。

アロンソの目前でコースに戻ったベッテル。アロンソがすかさずオーバーテイクを仕掛けました!

36周目

ヘアピンでベッテルを追い抜いたアロンソ。ファステストラップを刻んで5番手に浮上です。

37周目

リカルドが2度目のピットストップを完了。スーパーソフトを履いて8番手でコースに戻っています。

38周目

ヒュルケンベルグにアロンソとベッテルが近づいてきました。ベッテルはチャンスがあれば2台を抜こうと虎視眈々。

まずはアロンソがヒュルケンベルグをかわし、ヘアピンでベッテルもフォース・インディアマシンの前に出ました。

39周目

ヒュルケンベルグはまだ第2スティント中で、アロンソとベッテルの方がフレッシュなタイヤを履いています。

あっという間にヒュルケンベルグを置き去りにしたアロンソとベッテルはコンマ数秒差のバトルを再開。チャンピオン同士の対決に詰めかけた観客も大盛り上がりです。

40周目

ロズベルグが左フロントタイヤが苦しいと無線で訴えています。また、メルセデスはハミルトンに対し、次のピットストップでフロントウイングを交換した場合、タイムロスが大きすぎると報告。

41周目

ボッタスがピットに入りました。先頭のロズベルグはステイアウト。ボッタスはソフトタイヤを履いて3番手でコースに戻りました。すぐ後ろにアロンソとベッテルがやってきます。

42周目

ロズベルグがピットイン! ソフトからソフトに交換して、トップの位置でコースに戻って行きました。

レッドブルの無線ではベッテルがチームに燃料をセーブすべきか、オーバーテイクすべきかと質問。レッドブルは燃料温存を指示しました。

そして、ハミルトンにピットインの指示が出ます。

43周目

フロントウイングを微調整し、スーパーソフトコンパウンドに交換してピットアウトしたハミルトン。戻った場所は5番手です。

その後方ではバトンとリカルドがポジションを争っています。リカルドが必死に追い抜こうと仕掛けていますが、バトンの防御にあって成功せず。

44周目

ウィリアムズのボッタスにアロンソとベッテルが追いつきました。コンマ数秒差の接近戦です!

45周目

バトンを追うリカルドですが、左フロントタイヤにグレイニングが発生しており、プッシュしづらくなっているようです。

46周目

ベッテルがピットへ。3回目のピットストップではソフトタイヤをチョイス。

っと、トロ・ロッソマシンから炎が!!

クビアトです。クビアトの右リアから炎が上がりました。クビアトはすぐにマシンをコース外に止めて脱出。

コースマーシャルが駆けつけて消火にあたりました。ヘアピンの区間ではイエローフラッグが振られています。

47周目

その間、リカルドがピットに入ってタイヤ交換をすませています。リカルドはソフトタイヤを履いて最終スティントを開始しました。

48周目

消火活動は終わっていますが、まだマシンの撤去作業が続くヘアピンにはイエローフラッグが掲示されたままです。

49周目

ハミルトンがアロンソに追い付いてきました。チームからはタイヤをマネジメントしながら好ペースを刻むよう言われているハミルトン。タイヤのフレッシュさを生かしてアロンソをオーバーテイクします。

50周目

ベッテルはバトンをかわして5番手に。

お? ザウバーマシンがスピンを喫したようです!

最終コーナーを立ち上がってきたところ、スーティルは身動きが取れずマシンをとめたまま。後続車がスーティルのマシンを避けながらホームストレートを駆けていきます。

スーティルのマシンはトラブルに見舞われたようで、スーティルはコックピットを離れました。

51周目

ザウバーマシンはまだコース上にとまったまま。

ハミルトンが3度目のピットストップを行っています。スーパーソフトを履いてピットアウト。

52周目

コースマーシャルがザウバーマシンの元に駆けつけました。コース外に出し、急いで撤収します。

53周目

現在のオーダーはロズベルグ、ボッタス、アロンソがトップ3に並び、ハミルトンが4番手、ベッテル、バトン、ヒュルケンベルグ、リカルド、マグヌッセン、ライコネンが10番手を走っています。

コース上に出されていたイエローフラッグはすべて解除。

54周目

リカルドがヒュルケンベルグを追い抜きました。

55周目

アロンソのペースが落ちています。ハミルトンが3番手に浮上。

56周目

アロンソがピットに入ります。最終スティントに選んだタイヤはスーパーソフト。

アロンソはバトルが続くバトンとリカルドの後方7番手でコースに戻っています。

リカルドがインに飛び込む! ターン8でバトンを料理したリカルドが5番手に上がります。

57周目

バトンはさらにアロンソにも抜かれてしまいました。バトンが履いているソフトタイヤはすでに20周以上を走っており、これまでのピットストップ回数は2回です。

58周目

ハミルトンに対してメルセデスからボッタスを目指せとの指示。その差は4秒しかなく、チームは追いつけると発破をかけています。

59周目

トップのロズベルグは20秒以上のリードを築いていますが、ボッタスはペースが1分22秒台に落ちており、1分20秒台を刻むハミルトンが一気に差を詰めてきています。

アロンソがDRSを使ってリカルドをオーバーテイク。しかし、リカルドもあきらめずに抜き返す! さらにアロンソが前に出るも、リカルドが必死に抑えてポジションを維持しています!

60周目

リカルドはソフトタイヤを、アロンソはスーパーソフトを履いています。最後のピットストップはアロンソの方が遅く、タイヤのアドバンテージ的にはアロンソの方に利がありそうです。

それでもアロンソの猛攻を完全に抑えるリカルド。素晴らしいドライビングを披露しています!

61周目

ストレートでサイド・バイ・サイドに並ぶアロンソですが、レッドブルマシンの前に出るには至らず、攻撃を成功させられません!

そして前方ではハミルトンがボッタスに追いつきました! 0.4秒差でオーバーテイクのチャンスをうかがいます。

62周目

ハミルトンがボッタスをロックオン! タイミングを見計らっています・・・! ヘアピンで攻めるかと思われましたが、いったん引いたハミルトン。

そしてアロンソがついにリカルドをオーバーテイク! ヘアピンでリカルドが抜き返すも、最終的にはアロンソがポジションを奪っています!

63周目

ハミルトンはボッタスとの距離を0.3秒ほどに維持して周回中。ボッタスはタイヤの状態が悪くないようで、チームからプッシュしても大丈夫だと連絡が入りました。

64周目

ボッタスとハミルトンが周回遅れのマシンに近づいています。

65周目

残り3周。ボッタスとハミルトンの前にいるのはケータハムの可夢偉です。可夢偉のポジションは16番手。ただし、すでに2周の周回遅れになっています。

ボッタスとハミルトンが可夢偉をかわしていきました。

66周目

同じメルセデスエンジンを積むボッタスとハミルトン。ハミルトンはなかなかウィリアムズマシンに並ぶことができません。

67周目

ロズベルグがファイナルラップに入りました!

ボッタスとハミルトンのバトルはチェッカーまで続きそうですが、66周目はボッタスの方が速いペースを刻んでいます。

ロズベルグがトップでチェッカーを受けます!

20秒遅れてボッタスが2位! ハミルトンが3位でゴールしました! 20番手から3位フィニッシュは素晴らしい結果と言えるでしょう!

4位以下、入賞したのはベッテル、アロンソ、リカルド、ヒュルケンベルグ、バトン、マグヌッセン、ペレスでした。

フェラーリのライコネンは11位、ケータハムの可夢偉は16位で完走を果たしています。

この後、F1サーカスは連戦でブダペストの一戦に挑みます。夏休み前最後のレースとなるシーズン第11戦ハンガリーGPは25日(金)に開幕。初回セッションは日本時間17時からスタート予定です。それではまた次回ハンガリーGPでお会いしましょう!