ホッケンハイムリンク RSS


ドイツ・ホッケンハイム

  • サーキットタイプ Race
  • コース全長 4.574kms
  • コーナー数 13
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 130,000
  • 設立年 1932
ホッケンハイムリンク
データ
レース 開催日 優勝
初開催 ドイツGP 1970年8月2日 Jochen Rindt (AUT) レース結果
ラストレース ドイツGP 2014年7月20日 ニコ・ロズベルグ (GER) レース結果
グランプリ開催数 34

このページのトップへ上へ

サーキット情報

1930年代にメルセデス・ベンツのテストコースとして建設されたホッケンハイムで初めてF1レースが開催されたのは1970年のこと。ドライバーたちが安全性に懸念があったニュルブルクリンクでのドイツGPをボイコットすると脅威を示したため、1968年のジム・クラークの死亡事故を受けてすでに改修が施されていたホッケンハイムに舞台が移された。

しかしながら、翌年には再びドイツGPがニュルブルクリンクに戻り、1977年、前年にニキ・ラウダがニュルブルクリンクで大ケガを負ったため、ドライバーたちの要望に応える形で、ホッケンハイムが7年ぶりにF1の舞台に復帰。以後、2006年までドイツGPの開催地としてカレンダーに記載されてきた。

1995年以降はドイツで2つのグランプリが行われ、ホッケンハイムでドイツGPが、ニュルブルクリンクではヨーロッパGPあるいはルクセンブルグGP(1997年と1998年)が開催されたが、2006年、バーニー・エクレストンが2007年よりドイツでのレースを1つにすると発表したことから、ホッケンハイムとニュルブルクリンクの歴史的な両サーキットがドイツGPを交替開催している。

2002年のグランプリ後に改修されたホッケンハイムはコース全長が大幅に短くなっている。木々の間を抜けるロングストレートも大幅に改修され、現在はきつい右コーナーから"パラボリカ"と呼ばれる極めて長いダウンフォースの左高速コーナーへと抜けるコースレイアウトに。そして、突き当りにはローギアでハンドルを目いっぱい切らなければ曲がれないほどきついヘアピンがあり、この後右コーナー、左 コーナー、右コーナーへと続く。コース全長が短くなった分、周回数は45周から67周に変更された。

現代F1では4勝を誇るドイツ出身のミハエル・シューマッハが最もホッケンハイムで成功を収めたドライバーである。それでも、2年連続して表彰台の頂点に上った経験はない。そのため、ホッケンハイムで2連勝したのは1991年と1992年のナイジェル・マンセルが最後となっている。

このページのトップへ上へ

Notes

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2012年7月22日

大きなバナー前を通過するベッテル

2005年7月24日

ジム・クラークの碑がある旧ストレート

2000年7月30日

初勝利を挙げたバリチェロ

1994年7月31日

火傷を露わにするフェルスタッペン

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ