Force India

/ News

  • フォース・インディア

フォース・インディアは3名の若手を起用

Jim
2012年9月11日 « ウィットマーシュ、うわさの沈静化を急がず | ビアンキとリゴンがフェラーリをドライブ »
イタリアGPの金曜フリー走行でフォース・インディアを駆ったビアンキ © Sutton Images
拡大

フォース・インディアは今週マニクールで実施される若手ドライバーテストで3名の若手ドライバーを起用すると発表した。

フォース・インディア以外にフェラーリでの役割も担うチームのサードドライバー、ジュール・ビアンキが中日の12日(水)にドライブし、GP2ドライバーのルイス・ラジアとロドルフォ・ゴンザレスがそれぞれ火曜日と木曜日に作業を担当する。チーム代表のビジェイ・マルヤは今回のテストが意味するところを生かしたいと語っている。

「若手ドライバーテストはジュニアカテゴリーにいる有望なドライバーを評価するチャンスだ。われわれが真剣に取り組んでいることであり、可能なときはいつでも若手ドライバーにマシンをドライブするチャンスを与えようとしている。ジュールに関しては金曜フリー走行での仕事ぶりを熟知しているが、彼にとっては一日中マシンの中で過ごす貴重な時間となるだろう。ルイスとロドルフォは2人とも世間に認められたGP2ドライバーなので、彼らがどんな走りをするのか楽しみにしている」

今季はグランプリ週末に7回、初日のフリー走行に参加してきたビアンキは終日マシンをドライブできることがうれしいと話した。

「自分の地元サーキットであるマニクールの若手ドライバーテストに参加できるなんて本当にうれしい。とても好きなコースだし、フォーミュラ・ルノー時代には何度かレースをしたこともある。チームはこれまでにもフリー走行のセッションでドライブするチャンスをたくさん与えてくれたけど、今回は一日を通してマシンをドライブできるから本当に楽しみにしている」

目下、GP2シリーズのランキング2位につけるラジアは3日間のテスト中に多くのことを学びたいとコメントした。

「サハラ・フォース・インディアが今回の素晴らしい機会を与えてくれたことをうれしく思う。今回は確立されたチームと働くチャンスだし、彼らの経験からたくさんのことを学べると確信している。マニクール・サーキットではジュニアカテゴリー時代にレースをしたことがあるし、好きなコース。速いコーナーがいくつかある本当にスムーズなサーキットだから、テストには最適な会場なんじゃないかな。僕の目標はシンプルに、プログラムに沿ってできる限りチームの助けになることだ」

また、フォース・インディアのシミュレーターでテストの準備に励んでいると言うゴンザレスは木曜日の走行時に自身の才能を発揮したいと意気込む。

「僕にとってはとても重要なテストだ。サハラ・フォース・インディアと作業することになって本当に興奮している。前に何度かF1カーをドライブしたことあるから、さらに経験を積んでチームに自分のやれることを示したい。チームはとても協力的で、ファクトリーのシミュレーターでの時間も提供してくれているから、今回のチャンスを最大に生かせるよう準備はしっかりできていると思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.