Force India

/ News

  • バーニー・エクレストン

エクレストン、フォース・インディアへの制裁を否定

Me
2012年4月22日 « フォース・インディア、意図的に映像から外される? | 決断の是非はレース後に分析を、と主張するブラウン »
ディ・レスタが10番手、ヒュルケンベルグが13番手とまずまずの位置につけたフォース・インディアだったが、国際映像にはまったく映らず・・・ © Sutton Images
拡大

バーレーンGPの予選中、F1の国際映像から故意にフォース・インディアを除外したとの報道をバーニー・エクレストンが否定した。

1時間の予選セッション中、ポール・ディ・レスタが今季初めてトップ10入りを果たしたにもかかわらず、フォース・インディアが映像に映し出された回数はゼロに近かった。テレビ映像を管理するのはエクレストンが代表を務めるフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)であり、さまざまな放送局を経由して世界中に配信される。通常は全チームのピットやコース上のマシンを広く捉えている。だがグランプリ2日目の21日(土)、フォース・インディアのマシンやガレージが映されることはほとんどなかった。

実は18日(水)にホテルへ帰る途中のフォース・インディアのスタッフが火炎瓶の爆発現場に居合わせるという事件があり、チームはレース初日の20日(金)、サーキットを早く出るために2回目のフリー走行を欠席していた。これが原因で、フォース・インディアとそのスポンサーが国際映像に映らなかったのではないかとのうわさだが、エクレストンは認めようとしなかった。

「簡単な話だ」とエクレストンは『Reuters(ロイター通信)』のアラン・ボールドウィン通信員に語った。「彼ら(テレビ編集者)が興味を持っているのは、誰がポールになるかということだ。9番手や11番手が誰かなど、気にもしていないよ」

イギリス『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』は『Twitter(ツイッター)』を通じてフォース・インディアの映像がないことにコメントした。

「ご質問をいただきましたが、国際映像で誰を捉えるかはわれわれの管理するところではありません。ディ・レスタのラップをご覧いただけず、申し訳ございません」

『Autosport(オートスポーツ)』によると、フォース・インディアはコメントを拒否したという。

© ESPN Sports Media Ltd.