Force India

/ News

  • フォース・インディア

Fダクトとの相性の悪さを嘆くリウッツィ

Me
2010年9月22日 « エンジン数で有利なウェバー | 伝統の"ロータス"もGP2参戦 »

フォース・インディアのFダクトシステムは、自分よりチームメイトのエイドリアン・スーティルと相性が良いとビタントニオ・リウッツィがぼやいている。

「僕にはその効果が現れていない」と彼は言う。「いつも、チームメイトにトップスピードで負けてしまっているんだ」

事実、スーティルにパフォーマンス面で見劣りしてしまっているリウッツィには、来季残留について疑問の声も出始めており、そんな中でのコメントだ。フォース・インディアは将来有望なリザーブドライバーのポール・ディ・レスタを来年F1デビューさせたい意向との推測もあるが、リウッツィは2011年もチームと契約下にある。

スーティルには、もしもミハエル・シューマッハがシーズン末で引退するようなことがあった場合、メルセデスGPに移籍するといううわさがある。それが現実になるとすれば、リウッツィのシートはほぼ安泰といえるだろう。

© ESPN Sports Media Ltd.