Force India

/ News

  • レーシング・ポイント

ペレスの代役はヒュルケンベルグに決定

Jim
2020年7月31日 « あと3年はF1にいたいとハミルトン | ハンガリー後、メキシコに帰国していたペレス »
© Bryn Lennon / POOL / AFP
拡大

ニコ・ヒュルケンベルグがイギリスGPでセルジオ・ペレスの代役として、かつて所属したレーシング・ポイントからF1復帰を果たすことになった。

ペレスは30日(木)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査結果が陽性となり、今週末のレースを欠場することが決まった。F1は厳格な追跡手順を取っており、ペレスの陽性結果がイギリスGP週末に影響することはない。

グランプリの公式セッションが始まる31日早朝、シルバーストーン周辺に現れたヒュルケンベルグは新型コロナウイルス検査の陰性結果を得て、初回セッション直前にパドックに入ることが認められた。

ヒュルケンベルグは「オトマー(サフナウアー/レーシング・ポイント代表)から電話があったとき、他のレースプロジェクトのためにニュルブルクリンクに向かっていたんだ。あれから24時間も経っていないから、今の僕にとっては現実感がないけど、素敵なチャレンジは好きだし、今回がまさにそれだと思っている」と明かしている。

「レーシング・ポイントにとってもチェコ(ペレス)にとっても難しい状況なのは確かだ。彼は仲の良い友達だし、昔のチームメイトでもあるから、早い回復を願っている。代役として、チームのためにベストを尽くすよ!」

チーム代表のオトマー・サフナウアーは次のように述べた。

「猶予がない中でセルジオの代役を探さなければならなくなったことは簡単なタスクではないが、ニコという、チームのことをよく知る最高のスーパーサブがいる。もちろん、彼は厳しい状況に置かれるが、素早く学ぶタイプであり、あっという間にスピードに慣れてくれると確信している」

ヒュルケンベルグとペレスはチームがフォース・インディアと名乗っていた2014年から2016年にタッグを組んでいた。ヒュルケンベルグはその後、ルノーで3年を過ごすも、エステバン・オコンと入れ替わる形で2020年はレースシートを失っていた。

© ESPN Sports Media Ltd.