Force India

/ News

  • ブラジルGP - レーシング・ポイント - 決勝

フェラーリ同士打ちの被害者となったストロール

Nobu / Jim
2019年11月18日 « レース終盤のバトルを楽しんだラッセル | アルボンに申し訳なかったとハミルトン »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

17日(日)に開催されたシーズン第20戦ブラジルGP決勝レースでレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが9位入賞を果たすも、ランス・ストロールは同士討ちしたフェラーリ勢のデブリを拾ってしまい、パンクチャーを抱えてリタイアを喫した。

セルジオ・ペレス

「最後の10ラップでセーフティカーが全てのクルマをまとめてしまったから、とてもカオスなレースだった。残念ながら今日の僕たちには本当に戦える力が無かった。直線でスピードが不足しており、簡単にオーバーテイクされてやり返せなかった。最終的には2ポイントがとれて本当に良かった。何かを得てここを去るのはうれしいね。残念だがこれ以上の結果は望めなかった」

ランス・ストロール

「今日はあまり言えることはない。本当に残念な午後になった。フェラーリ同士の事故で出たデブリを拾ってしまい、それでレースは終わった。あのときまでは本当に接近したレースだったのに、セーフティカーで状況が複雑になり、みんなのレースが変わってしまった。あの時点までは1ストップ戦略でタイヤも十分機能していたし、今日ポイントを取れるのは間違いなかったのに残念だ」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「終盤の数周でなんとか数ポイントをもぎ取ることはできたものの、われわれにとってはタフな1日だった。セーフティカーが出動するまで、2台は別々の戦略を取っており、ランスは1ストップレースを実現させるために良い仕事をしてくれていた。彼はポイントを獲得できそうだったが、セーフティカー中に2ストップレースに切り替えたところ、フェラーリ勢のクラッシュで生み出されたデブリを拾ってしまった。セルジオは序盤に2ストップレースに切り替えており、波乱となったラスト数周のアドバンテージを得て9位フィニッシュを果たしている。コンストラクターズ選手権で6位の座を取り戻すにはアブダビまでに骨の折れる仕事に取り組まなければならないものの、戦うために挑み、すべてをかけて戦うつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.