Force India

/ News

  • メキシコGP - レーシング・ポイント - 初日

初日に「いい形」を築いたレーシング・ポイント

Me / Jim
2019年10月26日 « 苦戦を覚悟してメキシコに乗り込んだハースF1 | 予選に向けて仕上げていくとライコネン »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

シーズン第18戦メキシコGPが開幕した25日(金)、2回目のフリー走行でレーシング・ポイントのランス・ストロールとセルジオ・ペレスは11番手と12番手に並んだ。

初回セッションではストロールがクラッシュを喫するも自力でピットへの帰還を果たし、16番手タイムを記録。ペレスは17番手だった。

セルジオ・ペレス

「僕にとって最初のセッションはそれほど楽勝ではなく、いくつか小さな問題があった。でも午後は状況が改善し、やや進歩することができた。まだ良くなると思うし、今晩の作業でシングルラップでのコンマ数秒を見つけ出すことはできると思う。グリッド中団にいる全チームが接近しているから、ものすごくタイトなグリッドになるよ。僕らはレースシミュレーションで良さそうだったし、タイヤコンパウンドは全種試した。いい形だと思う。今夜正しい判断をするための情報は全てそろっている」

ランス・ストロール

「堅実な1日だった。最初のセッションでは限界を探っていたら行き過ぎちゃったんだ。バリアにスタックするかと思ったけど、脱出できてクルマを持ち帰ることができた。あんなに早く直してくれたチームに感謝だ。午前中のセッションで最後にまたコースに戻ってロングランまでできたんだから。全体的にすごくポジティブな気分だし、コンペティティブな週末になると思う。レースではタイヤマネジメントがすごく大事になって、タイヤグレイニングが問題になりそうだ。そのために日曜日はいくつか違う戦略が出てくるかもしれない」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「今日は1日を通していい形で前進でき、両ドライバーとも基本的にはロングラン中のマシンに満足している。予選までにパフォーマンスランに関してはやるべきことがあるので、明日の朝はその作業に集中する。大量の周回を走り込み(116周)、タイヤコンパウンドに関する宿題もやり遂げた。ここでの一番のチャレンジはあまりグレイニングを抱えることなく低速コーナーを通過できるようにすることだ」

© ESPN Sports Media Ltd.