Force India

/ News

  • ロシアGP - レーシング・ポイント - 初日

残りの週末に期待を寄せるペレス

Me / Jim
2019年9月28日 « ポジティブなスタートに活気づくフェルスタッペン | レースに焦点を当てるトロ・ロッソ »
© Sergei Fadeichev\TASS via Getty Images
拡大

27日(金)に開幕したシーズン第16戦ロシアGP初日、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールは2回目のフリー走行を7番手と9番手で終えた。

初回セッションでもペレスは9番手でトップ10に入っており、ストロールは14番手タイムを残している。

セルジオ・ペレス

「期待できる1日だ。理解と進歩に関しては今季ベストの金曜日だったと思う。空力関連の仕事をたくさんして、僕は1日にとても満足している。明日と日曜日がものすごく楽しみだ。コンディションはいつ変わってもおかしくないから、天候に対応する準備を整え、コンマ数秒を見つけられたら、いいポジションを争っているはずさ」

ランス・ストロール

「僕はハッピーだし、クルマのフィーリングはいい。バランス面でまだ少しやることがあるけど、今の僕らはかなりコンペティティブだ。明日は何が起きるか分からないし、雨の影響もあるかもしれない。シンガポールは新パッケージを使った最初のレースで、いいバランスを見つけるためには1回の週末じゃ足りないこともある。まだいくつかやることはあるけど、悪い状態じゃないよ」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「全体として生産的な1日となり、今夜に分析するための情報を大量に集められた。このコースは最初のセッションを通して劇的に発展し、その間にわれわれは相当な空力テストプログラムに取り組んでいる。シンガポールで投入したマシンパーツを継続的に評価する良いチャンスだった。それらはすべてとてもスムーズにいき、ドライバーたちはマシンセットアップのベースラインに満足しているようだ。ここからの焦点は低燃料での予選パフォーマンスの作業となるが、明日の天気予報は大きく変わって降雨の可能性が高いため、まったく異なるチャレンジをもたらすだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.