Force India

/ News

  • シンガポールGP - レーシング・ポイント - 決勝

入賞のチャンスを逃して悔しがるペレスとストロール

Jim / Me
2019年9月23日 « MGU-Kの違反でリカルドの予選結果剥奪 | ピレリ、タイヤの管理と戦略がカギとなったレース »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

22日(日)に開催されたシーズン第15戦シンガポールGP決勝レースでレーシング・ポイントのランス・ストロールは13位、セルジオ・ペレスはメカニカルトラブルに見舞われてリタイアを喫した。

セルジオ・ペレス

「ものすごくがっかりしている。かなり要求の厳しいレースだったけど、僕らにはいい感じで進んでいたんだ。とどまって、がまんもたくさんしたし、ここでは一番優先度が高いアクシデントも回避できていた。ポイントを狙って最後まで順調にいけそうだったのに。残念だけど、オイル漏れがあって、チームからリタイアするよう言われた。今日はポイントを取れるという感触があっただけに本当に悔しい」

ランス・ストロール

「レースは波乱だったけど、今日は僕らの思うようにはいかなかった。いいスターを決めて、強さもありそうだったのに、セーフティカー後のリスタートでミスって、ウオールに近づきすぎてパンクチャーを抱えてしまった。シンガポールではウオールと距離を取り続けることが大事だから、その後は必死にがんばった! 新しいノーズに交換するためにピットに入らないといけなかったから、多くのタイムを失ったし、残念な後退だった。今日はポイントを獲得できる好位置につけていたと思うから、本当に悔しい。当然、僕らにとっては忘れるべき週末だ」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「われわれはロングゲームをしていて、レースが残り3分の1に差し掛かった時点では2台ともポイント獲得に向けて順調に進んでいた。不運なことに、セーフティカー後のリスタートの1つで流れが崩れてしまった。ランスはウオールにマシンを引っかけてパンクチャーを起こし、彼のチャンスは消滅した。セルジオはトップ10を走っていたが、こちらでオイル漏れを見地したため、パワーユニットを保護するために直ちにマシンをリタイアさせるしかなかった。われわれの日ではなかったということであり、チャレンジングな週末の残念な結末だ。われわれはこうしたレースから学ばなければならない。ロシアでは巻き返せるよう努力する」

© ESPN Sports Media Ltd.