Force India

/ News

  • カナダGP - レーシング・ポイント - 決勝

地元レースでの入賞を喜ぶストロール

Jim
2019年6月10日 « ハミルトン、直前のトラブルを乗り越えて優勝 | ルノー、全力を尽くしてダブル入賞 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

現地9日(日)に開催されたシーズン第7戦カナダGP決勝レースでレーシング・ポイントのランス・ストロールが9位入賞を果たし、セルジオ・ペレスは12位で完走した。

セルジオ・ペレス

「僕にとってはあまり良い1日じゃなかったけど、ランスが2ポイントを獲得したから、チームにとっては良い1日だったね。ポイント圏内に入り込むのは難しいだろうと思っていたから、チャンスを最大化しようと異なる戦略を取ったんだ。結果として、ランスの方が良い戦略だったってことになるけど、どちらがベストな戦略かはレース後にならないと分からない。週末を通して僕はあまり良くなかった。今日のペースはかなりダメだったけど、ずっとトラフィックにはまっていたから、温度が限界だったし、それについては僕らにあれ以上やれることはなかった。最初のスティントは高い路面温度に苦しんだけど、それ以上に、クビアトに対するプレッシャーをたったの2周しかかけられず、その後はブレーキをケアしないといけなくなったから、そのせいでさらにハードになったんだ。チームとして、今週末のダメージを最小限にできたと思うし、タフなレースではそれが大事なことだと思っている」

ランス・ストロール

「今日はマシンが本当にいいパフォーマンスで、モントリオールでポイントを獲得できて最高の気分だ。レースまでが楽じゃなかったけどね。昨日はパワーユニットを失って、旧型のエンジンに戻したことでパフォーマンスに影響があったけど、それでも僕らはプッシュし続けたし、戦って数ポイントを手に入れた。スタートが強力で、それでいくつかポジションを上げられたし、ハードタイヤで挑んだ第1スティントを長く走るにあたってはそれが戦略のカギになったと思っている。ミディアムに履き替える頃には調子も良かったし、サインツを追いかけられたから、9番手を奪う動きにつながった。本当に楽しいレースだったよ。今日はあらゆる感情を見せて、一瞬一瞬を心から愛おしく思う。チームもこの結果が本当にふさわしい。今週末は長時間の仕事になったけど、この結果が僕ら全員の後押しになる。ファンから素晴らしいサポートを受けた最高の週末だ。ずっと忘れないよ」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「ホームレースで入賞するランスの姿を見られて本当にうれしい。あれだけタフな土曜日を過ごしながらも、今日は17番手から9位フィニッシュを果たすまで本当に強力なパフォーマンスを披露した。冷静さを保ち、果敢なオーバーテイクを決めながら戦略を機能させた。最初のスティントでミディアムタイヤを履いたチェコ(ペレス)の戦略はうまくいかなかったものの、2台で戦略を分けたことは価値があったと思っている。ここ数戦はタフなレースが続いていたので今回の2点が重要になるし、すべてのハードワークがパフォーマンスと結果の面で報われ始めている」

© ESPN Sports Media Ltd.