Force India

/ News

  • オーストラリアGP - レーシング・ポイント - 予選

トップ10スタートに満足気なペレス

Jim
2019年3月16日 « 「めちゃくちゃ楽しかった」とノリス | ライコネン、「もう少し上にいけた」 »
© Robert Cianflone/Getty Images
拡大

16日(土)、シーズン初戦オーストラリアGP予選に臨んだレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは10番手に入り、ランス・ストロールは16番手だった。

土曜フリー走行はペレスが14番手、ストロールが16番手だった。

セルジオ・ペレス

「トップ10入りしてシーズンスタートなんて最高だよ。予選を通して最高の仕事ができたと思うし、Q2のラップにはとても満足している。今日のカギはミスを犯さないことと一貫性を持つこと。レースでどのポジションにつけるのか楽しみだけど、このコースはオーバーテイクが決して簡単なところじゃないから、トップ10スタートが重要なんだ。できればポジションを維持して、スタートでいくつか上に行きたい。いつも言うことだけど、シーズンをどこからスタートしようとも関係ない。どこでフィニッシュするかだ。このマシンにはものすごいポテンシャルがあるし、シーズンが進むにつれて改善していけると自信を持っている」

ランス・ストロール

「今日のベストラップはトラフィックの影響を受けた。アウトラップを走っていたグロージャンにターン9で引っかかり、それでコンマ数秒を失った。本当に悔しい。だって、今日はマシンの感触が本当に良くて、少なくともQ2に進めるだけのスピードもあったんだ。今、自分にできることはスタートでいくつかポジションを上げて、レースの展開がどうなるかを見守ることだ。レースペースはかなりコンペティティブだと思っているから、まだいい結果を残せると思っている」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「予選は非常にタイトで、まさに予想していた通りだったわけだが、クリーンでしっかりとしたラップを走ったセルジオと共にQ3に進んだ。ランスのセッションはスローラップでレーシングラインにとどまっていたグロージャンによって妥協を強いられ、そのせいでランスはコンマ数秒を失い、Q2に進むチャンスも失った。これだけタイトな中団グループなので、何ら余裕はなく、こういったコンマ数秒が大きくものを言う。明日も同様に接戦になるだろう。金曜日に取り組んだロングランをもとに考えると、レースペースは一貫しているが、今回のレースはコース上のポジションがすべてなので、良いオープニングラップを走ることが最終的な結果の大部分を占めるだろう。今でも得点がわれわれの目標だ」

© ESPN Sports Media Ltd.