Force India

/ News

  • レーシング・ポイント

新生レーシング・ポイントF1が新車のカラーリングを公開

Jim
2019年2月14日 « レッドブル、ホンダパワー搭載のRB15を公開! | マクラーレン、新車MCL34を公開 »
© Racing Point F1 Team
拡大

フォース・インディアからチーム名を改めたレーシング・ポイントF1が初めてとなる新車発表に臨んだ。

昨夏、カナダの実業家ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムによって財政管理下から救済されたチームは、その名前を新たにレーシング・ポイントF1に変更している。ローレンスの息子ランス・ストロールがウィリアムズから移籍してレースドライバーを務め、相棒はフォース・インディア時代の2014年から継続するセルジオ・ペレスだ。

メルセデスとレッドブルが新車を初公開した後、同じ13日(水)にカナダ・トロントで2019年型マシンを初披露したレーシング・ポイントF1。2018年シーズンのカラーリングからわずかに変更が加えられており、エンジンカバー周辺には新しいタイトルスポンサーである『SportPesa(スポートペサ)』のカラー、青色の割合が増えた。

昨季はチャンピオンシップ7位の成績に終わったレーシング・ポイントF1だが、チーム救済前に獲得していたポイントは消滅したため、ベルギーGPからゼロスタートしてこの結果を残している。2018年シーズン後半戦は"レーシング・ポイント・フォース・インディア"として活動したが、新シーズンに向けて発表されたFIAのエントリーリストにはレーシング・ポイントF1チームとして記載された。

© Racing Point F1 Team
拡大
© ESPN Sports Media Ltd.