Force India

/ News

  • フォース・インディア

バトル解禁を検討するフォース・インディア

Me
2017年11月3日 « ハミルトンに「揺さぶりをかけた」ロズベルグ | スチュワードの常任化を求めるハース »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

コンストラクターズ選手権で4位を確定させたフォース・インディアがチームオーダーの方針緩和を検討している。最高執行責任者(COO)のオトマー・サフナウアーが明らかにした。

先週末のメキシコGPでエステバン・オコンとセルジオ・ペレスが5位と7位でフィニッシュし、2戦を残してシルバーストーンを拠点とするチームは2016年の過去最高位と並ぶ4位の座を手に入れた。

最小限の予算で運営され、冬の間のレギュレーション改革に直面しながらも、フォース・インディアは2017年の第18戦までに15回のダブル入賞を果たし、昨年のリザルトを超えることに成功している。

オコンとペレスの2人には8月のベルギーGPで同士打ちして以来バトル禁止の指示が出ているが、チームはチャンピオンシップで4位を確保できれば、オーダーについての立場を再考すると述べていた。

「それについては内部的に議論しなければならない。決める時間はまだしばらくある」とシーズン残りの2レースでドライバーたちにレースを許可するかと聞かれ、サフナウアーは答えた。「ファンにとっては彼らがレースを許された方が良いのだろうが、それと同時に、マシンパーツというのは安くない」

「お互いにクラッシュするようなことがあれば、最終戦でさらにパーツを買わなくてはならなくなるかもしれない。アブダビ後にはテストもある。そうしたことも全て考慮しなければならないんだよ」

2人の接触はバクーでも起きており、フォース・インディアはそのために勝利を狙う可能性を失ったとペレスは主張した。カナダでも、ペレスがオコンに表彰台挑戦のチャンスを与えることを拒否し、緊張が高まっていた。もう一度オコンとのレースを許してもらえるなら、自分たちが信頼に値するということをチームに証明してみせるとペレスは言う。

「4位が決定したら、また僕らにレースをさせてくれるって言われている。その場合、エステバンと僕がきちんと信頼に応え、2人の間でいいレースができるんだというところを見せることが大事だと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.