Force India

/ News

  • フォース・インディア

オコン、スパ騒動後の3番グリッドは「最高」

Jim
2017年9月3日 « それぞれの予選にがっかりのハースF1勢 | アロンソ、モンツァの新しい路面に苦言 »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

ベルギーでチームメイトのセルジオ・ペレスと物議を醸す接触が発生してからわずか6日、エステバン・オコンがキャリアベストとなる予選結果をもたらすことで完璧な償いを果たした。

悪天候に見舞われたイタリアGP予選Q3で5番手タイムを残したオコン。2番手と3番手だったレッドブル勢がグリッドペナルティで後退するため、オコンのスターティンググリッドは3番手に繰り上がる。

ベルギー後のパフォーマンスをどう思っているかと問われたオコンは「最高」と答えた。ペレスとオコンの同士討ちが2度も起きたスパの一戦を終えて、フォース・インディアはこれ以上、ドライバーたちに自由にレースをさせることはしないと明かしている。

「スパでは良い結果を得られたかもしれないのに、かなりたくさんのポイントを失ってしまった。この結果で希望が復活した感じ。チームのためには本当によかった。明日もやれるといいな」

そう話したオコンはもう少しで、ポールシッターのルイス・ハミルトン(メルセデス)と共にフロントローに並べそうだったが、ウィリアムズのランス・ストロールが土壇場でオコンのタイムを上回った。ストロールのタイムを打ち負かすラップタイムを刻めたかもしれないと言うオコンはこう付け加えている。

「今日は本当にうれしい。チームにはこういうのがぴったりだね。シーズン序盤から本当に必死にがんばってくれているから、こういう結果を得られたのは本当に特別。今日はとてもうれしい。マシンバランスは最高だし、マシンはドライブしやすい。最高だよ」

「完璧なラップではなかったけど、何とか良いラップにまとめられた。もう少しいけたような気もする。明日はビッグなチャンスが待っている。表彰台に上れるように集中して取り組まないとね」

© ESPN Sports Media Ltd.