Force India

/ News

  • フォース・インディア

ペレスの謝罪を受け入れ、前に進みたいとオコン

Jim
2017年8月28日 « オコンの発言を非難するペレス | フェラーリの好ペースを見て慎重になるハミルトン »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

フォース・インディアのエステバン・オコンはチームメイトのセルジオ・ペレスの謝罪を受け入れ、ベルギーで発生した2回のインシデントを過去のものとして前に進むと決意を表明した。

2人はスパ・フランコルシャンのレース中に2度にわたって接触するインシデントを起こした。オープニングラップではオー・ルージュに向かっていく中でホイール同士がぶつかり、オコンは内側のウオールにこすってしまったが、どちらもレースを続けられている。問題の2回目のインシデントが発生したのはレース終盤。ラ・スルスの出口で2台がぶつかり、ペレスは右リアタイヤをパンクし、オコンはフロントウイングにダメージを負った。

レース後、オコンはペレスが自分たち2人の命を危険にさらしたと非難し、これを受けてペレスは『Twitter(ツイッター)』で応戦。最初のインシデントは自分の責任だと認めながらも、2回目の一件はオコンが忍耐強くあるべきだったと主張した。

28日(月)朝、オコンはツイッターでペレスの謝罪を受け入れたこと、フォース・インディアのコンストラクターズ選手権4位の座をキープできるように集中していくことを明かした。

「危険な状況だっただけにかなり動揺してしまい、熱くなっていた。でも、前に進む。僕らはチームだ。謝ってくれたチームメイトに感謝する」

「もっとうまく協力できるようになりたい。サハラ・フォース・インディアの成功にコミットしているし、チームとして今回のことを過去のものとし、さらなる成功の高みへと共に歩んでいけると確信している。(ランキング)4位の座をキープするには大きなチャレンジが控えている。その目標達成を何にも邪魔させない」

© ESPN Sports Media Ltd.