Force India

/ News

  • スペインGP - フォース・インディア - 決勝

最高の結果を手に入れたフォース・インディア

AI / Me / Jim
2017年5月15日 « バンドールン、モナコで3グリッド降格 | クビアト、最後列からの入賞に歓喜 »
© Illman/Sutton Images
拡大

フォース・インディアは2台揃ってトップ10からスタートしたシーズン第5戦スペインGP決勝をセルジオ・ペレスが4位、エステバン・オコンが5位でゴールした。

セルジオ・ペレス

「僕たちにとっては素晴らしい1日だし、このチームと今週末に成し遂げた仕事をとても誇りに思う。全てがうまくいって大量のポイントを取れた。ほとんどのチャンスを生かせたし、ポイントを獲得できる重要な場面でしっかりチャンスをつかめたと思う。僕のスタートはベストじゃなかったけど、トラブルを避けて無事に1周目を切り抜けられた。そこからは堅実に走ってスピードを管理し、クルマを完走させるためにレースをコントロールしていた。唯一の小さな問題はピットストップの遅さだけど、後ろのクルマとの間に十分なタイムがあったから大差はない。チーム全体におめでとうと言いたい。今週末はマシンのセットアップを見いだすのが簡単じゃなかったから、4位に入れて素晴らしい気持ちだし、残りのシーズンに向けても大きな自信につながる」

エステバン・オコン

「今日は本当にうれしいよ。5位は僕にとって素晴らしいリザルトだし、チェコ(ペレス)の4位と合わせて、チームにとってファンタスティックな1日だ。懸命に働いた週末の終わり方としては最高だし、チームのみんなにとっていいご褒美になった。クルマは予選で速く、昨日はすぐにペースを発揮できた。レースでもプッシュを続けて速さがあることを証明できた。確かに、今日のレースはいくつかの状況に助けられた面もあるけど、チャンスがやってきた時にそれをつかむためにはきちんと準備ができていなければいけない。1周目のカオスを切り抜けた後は、楽に後続を抑えられるだけのペースがあったし、自分たちのレースを管理できた。今日は自分たちの力を最大限に引き出せたと思う。チームは全てを正しくやってくれているから、それが僕たちをここまで強くしてくれているんだ。今年はまだ多くのことを達成できる。僕らは大事な場面で必要な場所にいるし、クルマは一貫して速い。毎回ポイントを取ることがチャンピオンシップにおいては何よりも重要だ。これからもこの一貫性を保つ必要がある」

ロバート・ファーンリー(副チーム代表)

「サハラ・フォース・インディアの全員にとって最高の結果だ。22ポイント獲得によりチャンピオンシップ4位の座を強固なものにし、また、今シーズンの完全全戦入賞記録(2台とも入賞)を更新できた。今ではこれを達成しているのはわがチームのみ。レースチームとファクトリーのハードワークの賜物だ。セルジオとエステバンがしっかりとドライブしてくれたので、われわれにとってはルーティン的なレースとなった。2人ともマシンを傷めることなく、ペースを管理して今季ベストリザルトを持ち帰ってくれた。この一貫性はチームの真の長所となっており、シーズンの4分の1で見せたパフォーマンスにはとても満足している」

© ESPN Sports Media Ltd.