Force India

/ News

  • バーレーンテスト - フォース・インディア - 最終日

オコンはショートラン、ペレスはロングランに集中

Jim
2017年4月20日 « 久々のドライブを楽しんだパフェット | 「今季最高の1日」とバンドールン »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

19日(水)、フォース・インディアはバーレーンで2日間に渡るテスト作業を完了した。

最終日はエステバン・オコンとセルジオ・ペレスの両レースドライバーが参加し、60周を走ったオコンは1分32秒142を記録して6番手、ロングランに専念して70周を走り込んだペレスは1分35秒015がベストタイムで全体の12番手だった。

セルジオ・ペレス

「今日は半日しかなかったけど、レース週末とは違うことを学べたし、堅実な午後を過ごせたのは有益だった。レースパフォーマンスの作業に取り組んだんだ。チームの長所ではあるけど、まだ改善すべき部分がある。70周はレース距離以上だし、この先のレースで役に立ちそうなことをいくつも学んだ」

エステバン・オコン

「今日はショートランのパフォーマンスに焦点を当てた。レースから数日後に同じサーキットでテストができるっていうのはマシンを比較したり、改善点を感じたりする良いチャンス。今朝は路面温度がかなり高かったけれど、こういうコンディションでもマシンの感触が良かったから、それは良いサインだと思う」

トム・マッカラ(チーフレースエンジニア)

「昨日、評価できなかったテストアイテムを試すこともでき、とても生産的な1日だった。今朝はエステバンがパフォーマンスランに集中して取り組み、午後はセルジオがロングランに励んだ。相関データを多く集められたので、短期的、長期的にVJM10の理解を改善していく」

© ESPN Sports Media Ltd.