Force India

/ News

  • マレーシアGP - フォース・インディア - 決勝

展開が不利に働いたとフォース・インディア

Me / M.S.
2016年10月2日 « ダブルリタイアに終わったハースF1 | 多様な戦略バトルが見られたセパン »
© Khoo/Sutton
拡大

フォース・インディアのセルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグは2日(日)に開催されたシーズン第16戦マレーシアGP決勝を6位と8位でゴールし、ダブル入賞を果たした。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「8位フィニッシュならまずまずのリザルトだ。レースの状況を思えばね。かなりタフなレースだったよ。僕はすごくいいスタートを決めたんだけど、ターン1でロズベルグ(メルセデス)とベッテル(フェラーリ)のアクシデントをよけなければいけなくて、それで2つポジションを落とした。最初の2スティントでジェンソン(バトン/マクラーレン)の後ろになってしまってからは、どうしても彼をオーバーテイクできなかった。あれだけ早い段階でポジションを失ってしまうと、今日みたいにいくらクルマにスピードがあっても、これ以上のフィニッシュは難しい。僕らのレース戦略は正しかったと思うけど、ここはオーバーテイクが難しくて、僕らに有利にはならなかった。全体としては2台ともポイントが取れたんだから、満足だよ。少しだけ自分たちのアドバンテージを広げることができた。すごく面白くなりそうなシーズン末に向けてきっと役に立つことだろう」

セルジオ・ペレス

「僕らにとっては堅実なレースだったけれど、レース展開はちょっと不利だったと思うな。スタートではすごくポジティブな状況に見えた。蹴り出しが良くて、インサイドのラインをキープしてターン1を抜けたところで3番手に上がっていた。僕の後ろには何台かすごく速いマシンがいて、激しく競り合ってタイヤを傷める意味はないと分かっていた。僕のレースを決めたのは、最初のバーチャルセーフティカー。ミディアムタイヤでスタートした人たちがかなりのアドバンテージを得て、僕はピットに入ったときに大幅にポジションを下げてしまったんだ。6番手に巻き返したのはよく頑張ったし、コンストラクターズチャンピオンシップを4位で終えるための戦いではすべてのポイントが大事だって僕らは分かっている。今日は何か間違った判断をしたわけじゃないと思うけれど、とにかく状況が僕らの不利に働き、他の人に味方したってことだね」

ロバート・ファーンリー(副チーム代表)

「また12ポイントを加算してマレーシアを離れられるというのはチーム全体の素晴らしい努力のおかげだ。とてもイベントフルなレースで、周囲でさまざまなことが起きていたが、われわれは無事にトラブルを避けて堅実なリザルトを持ち帰ることができた。最初のバーチャルセーフティカーのタイミングは少々不運だったが、うまく反応し、ピットウオールは正しい判断を下した。マシンは良いペースを見せ、両ドライバーは週末を通して力を発揮してくれた。今日獲得したポイントによって、チャンピオンシップの4位争いで一息つくことができるが、今日も証明されたように残る5戦は大接戦になる」

© ESPN Sports Media Ltd.