Force India

/ News

  • オーストリアGP

ヒュルケンベルグにおとがめなし

M.S.
2016年7月3日 « 計画が狂ったとトロ・ロッソ | 「ストレス」がミスを生んだとアロンソ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

オーストリアGP予選Q1で黄旗が掲示されている際にセクター1でベストタイムを出した件で審議対象となっていたニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)におとがめなしの裁定が下った。ヒュルケンベルグはフロントローからスタートすることになる。一方、ジョリオン・パーマー(ルノー)とリオ・ハリアント(マノー)、フェリペ・ナッサー(ザウバー)は黄旗中の速度違反で3グリッド降格のペナルティを科された。

メルセデス勢の後ろで予選3番手につけたヒュルケンベルグは、ニコ・ロズベルグが予定外のギアボックス交換によるペナルティとして5グリッド降格するため、一列目のルイス・ハミルトンの隣からレースをスタートする予定。予選Q1の終盤にカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)がストップして黄旗が掲示された際、セクター1で最速タイムを計測したとしてスチュワードの審議を受けていたヒュルケンベルグだが、警戒が出されているエリアで十分に減速したとしてペナルティは科されなかった。

「当該ドライバーはダブルイエローが掲示されていたセクターで"グリーン(自己ベスト)"をマークしたものの、テレメトリーは彼がフラッグポイントへ接近する際に減速したこと、ならびに彼の速度がイエローフラッグのセクターで落ちていたことをはっきりと示している」とスチュワードのリリースに記されている。

しかしながら、パーマーは同じ状況でスロットルを戻さなかったとして3グリッド降格のペナルティを科されると同時に、スーパーライセンスに2点のペナルティポイントを加算された。

「テレメトリーは当該ドライバーがスピードをまったく落とさなかったこと、およびイエローフラッグのエリアにおいて全開で加速していたことを明確に示している。事実として当該ドライバーはコースサイドで動けなくなっているカーナンバー55(サインツ)を目視することができたものの、レギュレーションではダブルイエローフラッグが掲示された際に著しい減速を義務付けている。今回はそれが実行されなかった」

「スチュワードはダブルイエローフラッグ区間における大幅な減速についての必要条件が十分に理解されていない模様であることを指摘すると共に、ドライバーは自分たちの視界にあるものだけがフラッグの言及する危険要素だと想定すべきではないことを注記するものである」

また、ハリアントも同様に3グリッド降格ペナルティと2点のペナルティポイントを受けた。

スチュワードはパーマーについての声明で綴ったことと同じ内容につけ加え、次のように述べている。

「スチュワードは当該ドライバーが自身の違反を認める上で、オープンかつ率直であったことを記録している」

さらに、ザウバーのフェリペ・ナッサーも同内容の違反で同じペナルティおよびペナルティポイントを科された。

© ESPN Sports Media Ltd.