Force India

/ News

  • カナダGP - フォース・インディア - 決勝

ダブル入賞を果たしたフォース・インディア

ESPN Staff / Jim
2016年6月13日 « まずまずの出来だとレッドブル | 戦略の変更を強いられたエリクソン »
© Goria/Sutton
拡大

現地時間12日(日)にシーズン第7戦カナダGP決勝に挑んだフォース・インディアは、ニコ・ヒュルケンベルグが8位、セルジオ・ペレスが10位でダブル入賞を果たした。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「ポイントが取れてうれしいけど、レースにはもっと期待していたんだ。トップ6には絡めると本気で思っていたからね。どういった訳かクルマがフリー走行や予選の時のように良い感じじゃなかった。たぶんコンディションがとても寒くて風も強かったからだろうけど、そのせいでスイートスポットが失われてしまい、クルマもドライブしづらかった。その辺はもっと詳細を調べて理解する必要がある。スタートではうまくラインを離れられなかったけれど、1周目はすごく良くてポジションをいくつも取り戻せた。その後、僕のレースは単にタイヤ管理だけだった。僕たちは1ストップをしたかったけど、最終的には無理だったから、正しいタイヤ戦略ができたと思う」

セルジオ・ペレス

「難しいレースだったし、最適な作戦を選べていなかったと思う。みんなと違う戦略を取ったけど、冷たい路面では役に立たなかった。最初のスティントではソフトタイヤに熱が入らなくて、スタートの時点で順位を落としてしまった。レース中はマクラーレンの2人の後ろを走らされてしまったのが痛かった。最後のピットストップでクルマをとめた時に数秒ロスしてしまい、クビアト(トロ・ロッソ)に抜かされた。でもターン1でオーバーテイクすることに成功したよ。とにかく2台ともポイントをもらえたのがチームにとっては良かった。特に今週末は調子が合っていなかったからね。全力で走ったし、ポイントを獲得してレースを終えることができた」

ロバート・ファーンリー(副チーム代表)

「さらなるダブルポイントフィニッシュを果たしてモントリオールを出発できることは素晴らしい努力の賜であり、おかげでチャンピオンシップ5位の座を強固なものにできている。2台とも1ストップ戦略を実行できればと願ってレースをスタートしたものの、タイヤのグレイニングが激しく、摩耗率も高かったため、2ストップレースに切り替えた。周囲のマシンも同様にしていたので、自分たちのベースをカバーする上では分別ある判断だったと思っている。ニコ(ヒュルケンベルグ)のレースは特に目立った出来事がなく、序盤の数ラップをうまく乗り切ってスタートで失ったポジションを取り戻してくれた。セルジオのレースはウオームアップに時間がかかるソフトタイヤのせいで妥協を強いられ、マクラーレン勢の後方に下がってしまったことで大きくタイムを失った。そこから巻き返して入賞最後の1点をもぎとったのは素晴らしい努力だ。モントリオールの涼しいコンディションを経て、来週に控えるバクーでは好天を期待している」

© ESPN Sports Media Ltd.