Force India

/ News

  • フォース・インディア

シルバーの追加を説明するマルヤ

Me
2015年2月18日 « ウェーレインがフォース・インディアのテストを2日間担当 | スーティルに日産からル・マンに参戦のうわさ »
印象が変わったVJM08のカラーリング © Force India
拡大

ヘレスを欠席したフォース・インディアは忙しく今週の第2回テストにむけて準備を整えている。

財政面やサプライヤーとのトラブルもささやかれたが、チームは他の8チームと一緒にシルクイート・デ・バルセロナ・カタルーニャにやって来ている。

しかし、まだ2015年の新車VJM08の姿はない。彼らにとって今年最初のテストで昨年のVJM07をドライブするのはメルセデスのリザーブドライバー、パスカル・ウェーレインに決まった。

レースドライバーのセルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグもそれぞれ2日目と最終日に走ると発表されている。

ウェーレインのテスト参加が注目される中、メルセデスとの関係を強化するために新車のカラーリングにシルバーを付け加えたとのうわさをビジェイ・マルヤは否定した。

「われわれはずっとホワイトを基調に、インド国旗に使われているカラーを取り入れてきた」とマルヤはスペイン誌『Fast-Mag』に述べた。

「だが、よりアグレッシブな感じが欲しいと思い、ベースをホワイトからブラックに変えた。シルバーを加えたのはその方がエレガントに見えるからだ」と彼は説明した。

シルバーを入れたのはメルセデスとは無関係だとマルヤは言う。

「確かにわれわれは彼らのエンジンを使用しているが、カラーの変更とシルバーアローは無関係だ。一部ではそう言われているようだけれどね。われわれも彼らのように勝利できれば望ましいよ!」

VJM08の準備の遅れは開幕に向けて理想にはほど遠いが、深刻な財政難はひとまず回避されたようだ。

イタリアの『Omnicorse(オムニコルセ)』によると、300人の全従業員に対し、1月と2月分の給与が支払われたという。

ヘレスを休んだチームはバルセロナに全神経を集中している。

「バッテリーはフル充電したよ」とヒュルケンベルグは述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.