Force India

/ News

  • フォース・インディア

フォース・インディア、新車に全力投球

M.S.
2015年2月16日 « 幻のウィリアムズ製マクラーレン!? | マクラーレンの新車は「最高傑作」 »
限られた時間の中でベストを尽くすと誓うフォース・インディア © Getty Images
拡大

フォース・インディアが懸命に新車の準備作業を行っているようだ。

財政的な問題やサプライヤーとのトラブルなどから、同チームには新車VJM08のためのモノコックさえ届いていないとのうわさがあった。

フォース・インディアがヘレスで行われた第1回のプレシーズンテストを欠席した理由、そして、今週開催されるバルセロナテストに2014年のマシンを持ち込む理由は、それかもしれない。

エンジンサプライヤーのメルセデスに対する未払い分を埋め合わせるために、バルセロナテストではメルセデスのリザーブドライバーであるパスカル・ウェーレインがVJM07を駆ると考えられている。

しかし、そこからはフォース・インディアの2015年シーズンに光が差してくるようだ。

ロシア『Championat(チャンピオナート)』の報道によれば、フォース・インディアの2015年型マシンであるVJM08がFIAのクラッシュテストに通過したという。

これで開幕戦オーストラリアGP直前に実施される3回のプレシーズンテスト最終回では、フォース・インディアの新車がコースデビューを果たすことが可能になる。

副チーム代表のロバート・ファーンリーはイタリア『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』に「われわれは選手権が始まるメルボルンにいるだろう。そこには疑いはない」とコメントしている。

「われわれのテスト時間が限られているのはもちろんだが、最大の距離を稼いで良い状況でオーストラリアに到着できるよう、できる手はすべて尽くす」とファーンリーは続けた。

© ESPN Sports Media Ltd.