Force India

/ News

  • フォース・インディア

フォース・インディアがトヨタの風洞に切り替え

Me
2014年12月4日 « マクラーレン、2015年のドライバーを発表へ | デンマークのレゴ社、マクラーレンとの契約を否定 »
© Getty Images
拡大

フォース・インディアは2015年から空力テストをトヨタの風洞で行うと発表した。ブラックリーにある自社の施設は外部カスタマーに提供するという。

ドイツ、ケルンにあるトヨタ・モータースポーツGmbHの施設を使うことで、チームの風洞スケールは60%にグレードアップする。2014年にはケータハムがテストのために使っていた場所だ。チーム代表のビジェイ・マルヤは、グリッドの上昇を続けたいというフォース・インディアの強い願望のために、この切り替えは非常に重要なものだと考えている。

「ケルンのトヨタの施設を使うという決定は、F1の中でコンペティティブな勢力であり続けたいというわれわれの野心を示すものだ」とマルヤは述べた。「チーム史上、最も重要と言ってもいいほどの決定であり、これからは世界屈指の風洞を利用することが可能となる。以前にも臨時で使わせてもらったことがあり、空力リサーチの全てをケルンに置くことの利益は承知している。われわれのアプローチを強化し、来るシーズンへ向けた強固なベースを与えてくれるものだ」

ブラックリーの施設は運転を続け、"外部カスタマーの利用"が可能になるという。

© ESPN Sports Media Ltd.